愛犬のりちゃん↑T島紹介は↓


by Tjimahensyutyo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

1月28日 「壬生義士伝 上下」 浅田次郎 2002年

新撰組最高、幕末最高でございます。僕は坂本竜馬が大好きなので、むしろ新撰組は敵対していたのであまり好きではありませんでした。しかーし!昨年の大河ドラマ「新撰組!」を見て新撰組が大好きになりました。そしてこの本に出てくる「吉村貫一朗」の生き方も最高です。ほとんどの武士たちが官軍につくか徳川につくかころころ変わっているなか、彼らだけが武士道、つまり義を貫いたのだと思います。徳川の時代は終わりその先には死しか待っていないのに最後まで徳川につき戦ったのです。
現在の日本では、すぐ近くに死があるということはあまりないと思います。しかし幕末は死が近かった。だからかもしれませんが、彼らは一生懸命生きた。時代を自分たちの手で変えられると思い。とても輝いていました。そして僕自身は今を一生懸命生きていないと教えてもらいました。今を一生懸命生きずに将来のことを考えるのがバカらしくなりました。今を一生懸命に生きることを今年の目標にします。といいつつ日々何もしていません。明日からやります。いいえ今からやります。
[PR]
by tjimahensyutyo | 2005-01-28 21:33 | ・T島の本