愛犬のりちゃん↑T島紹介は↓


by Tjimahensyutyo
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

8月10日 「ぼく」 桜庭和志 2000年

僕は桜庭和志(プライドという格闘技の大会に出ている人)が好きです。彼の試合は客を楽しませようという心に満ちているからです。彼自身もそう言っています。「確かに勝つことは大事ですが、見に来てくれたお客さんにチケット代分をきちんと楽しんでもらいたい。その上で勝ちたい。桜庭の試合が一番楽しかったね。と言ってもらえる試合をしたい」と言っています。僕はそこに共感します。この本も読んでいる人を楽しませようという部分がたくさんありました。思わず笑ってしまった桜庭選手のエピソードがたくさんです。かなり笑えます。恐れながら、この「毎スペ」を例にとると、やはり忙しい時間をさいて見にきてくれた方には楽しんでもらいたいという思いがあります。(皆さん楽しんでる?)
桜庭選手は格闘家であると同時にエンターティナーです。そしてプロとはそうあるべきだと思います。サービス精神にあふれた人こそ、この時代に必要とされる人材なのだと思います。僕も自分本位はそこそこにし、サービス精神にあふれた人になります。
[PR]
by tjimahensyutyo | 2005-08-10 16:39 | ・T島の本