愛犬のりちゃん↑T島紹介は↓


by Tjimahensyutyo
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

10月10日 映画 カジュアリティーズ

鬼のバイト3連チャンがとりあえず終了しました。土日朝5時まで働き、今日は2時まで働かせていただきました。くっくっく。眠いです。「だったらこんなブログ書いてないでさっさと寝ろよ!」と言う声が聞こえそうですが・・・「いやです!」僕にはまだまだ伝えたいことが山ほどあります。・・・
この映画実は以前にも見たことがありました。主演は、マイケル・J・フォックスで内容は、ベトナム戦争でマイケルは新兵として派遣された隊で、隊長やその他の隊員が始めは普通なのだが、仲間がやられてからひどくベトナム兵を恨むようになり、以上な状況(いつ死ぬかわからないやジャングルの中なので気がおかしくなりそう)と女を抱きたいという強い欲求から村から女を連れ去り、レイプしてしまいます。隊長は「こいつはベトナム兵だからいいんだ!」と言い自分を正当化させ、隊員は特に何も感じず、欲求のはけ口と考え、一人の隊員はそれはいけないことだとわかっていながらも、孤立するのが怖く、レイプに加わり、マイケルだけが反抗し、女を逃がそうとします。しかし失敗し、女はぼろきれのように殺され、おまけにマイケルは口封じのために命を狙われます。
最終的には裁判により、マイケルが勝つのですが、いろいろ考えさせられる映画でした。自分があの状況だったらどうするか?
・・・戦争という状況でなくても、学校で強い人が弱い人をいじめてたという場面でも同じことが言えると思います。強い人に反抗するということは自分の身の危険に即つながると思います。非常に勇気のいる行動だと思います。周りからも仲間はずれにされ、孤立もすると思います。自分が危険にさらされるかもしれないのに他人を助けるために行動できるか?ということですが、う~ん。学生時代の僕でしたら、強い人側にくっつき自分は安全な場所にいながら「少しは手加減しようよ」などと強い人に言うくらいのことしか出来なかったと思います。こういう自分は安全な場所にいながら弱い者を助けようという人間が一番卑怯な気がします。僕は卑怯ですね。今の僕だったら・・・本当にその弱い人がどうしようもない状況だったら助けたいと思います。自分でなんとかできそうだったら何も関わらずほっときます。でもそいつ一人じゃどうしようもないなと感じたら助けたいと思います。・・・できるかな?いいえ、やります!
ということで僕が格闘技をやっているのは言葉だけではなく、体の力も必要だと思うからなのであります。さようなら~
[PR]
by Tjimahensyutyo | 2005-10-11 03:43 | ・T島の映画