愛犬のりちゃん↑T島紹介は↓


by Tjimahensyutyo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

10月16日 映画 フォーンブース

コリンファレルかっこいい!という具合です。もちろんこの映画コリンファレルが主役です。彼は善、悪、ちょっとした悪などいろいろな役が出来るすごい人だと思います。
この映画は「電話を切ったら殺す」という宣伝でおなじみの映画です。びっくりしたのがなんと10日でこの映画は撮影を終えたそうです。こりゃ監督もすごい。監督は「スタッフ、役者のおかげ」などとにくいこと言っていましたが、やっぱし監督がすごいよ。今の映画は金かけろ、時間かけろで大作を作ろうとしていますが、短い期間でもこんなに素晴らしい映画ができるという良い見本だと思います。
内容は、電話ボックス周辺でほとんど事件が起こるのですが、同じ場所でこれほどスリリングになるということに驚きます。コリンファレルの演技力の賜物です。マンションから銃で狙われていて、電話を切ったら殺すと脅され、妻に隠れて浮気をしようとしていたことを言えとか警部に下ネタを言えとかむちゃくちゃな要求をしてきます。ラストはコリンの機転と警部の洞察力で解決しますが、(この警部本当に良い人です)実は犯人は別だったというオチです。まあまあそれは置いといて、僕の好きなシーンは、コリンが、公衆の面前で自分のことを懺悔するシーンです。
「俺は今までウソばかりついてきた。真実が何なのかわからなくなっていた。人を見下し、妻に隠れて浮気をしようとしたり。・・・中略・・・しかし俺が指輪を外して女性に電話するのは妻に悪いと思うからだ。俺は恥ずかしい。こんなことを言う資格はないが、妻を愛している、失いたくない」
とまあこんなセリフでしたが、迫真の演技で感動させられます。結果的にこの犯人のおかげでコリンは本当に大切なものに気づけたという皮肉な結果となったのでした。
[PR]
by Tjimahensyutyo | 2005-10-16 23:17 | ・T島の映画