愛犬のりちゃん↑T島紹介は↓


by Tjimahensyutyo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

5月16日 本 大学で何を学ぶか 加藤諦三 1985年

どうも風邪ぎみです。頭痛がするようなしないような。
僕は加藤先生の本をたくさん読んでいます。いわば僕の人生のバイブル書とでも言える本がたくさんあります。主に人間の生き方について書かれている本が多いです。今さら大学で何を学ぶかという本ですが、まあ落ち着きなさい。つまりどういう内容かと言いますと、自分の本当の欲望を明確にしろということです。偽って生きるなということです。例えば良い大学を出なければ世間に恥ずかしい、親がこういう生き方をしろと言いその期待に答えようとする、毎日毎日仕事が嫌だな~俺も好きなことしたいよ~でも仕事するのが男の役割だし等々いろいろな偽りがあります。本心で思っていれば問題ありません。しかし自分の心を偽って生きているとその偽りのウソが自分の中で大変重要なものになってきてしまいます。その価値を守らなければいけないと思ってしまうのです。例えば世間体を大変気にする人は世間に評価されるということが人生の目的になってしまうということです。自分を偽らず自分の心の声を直視することが大切です。
ここで重要なのが自分の本心って何だ?ということです。つまり欲望です。例えば「俺も仕事なんかやめて絵でも描いて生きていきたいよ」と言う人がいたとして本当に絵を描いて幸せになれるか?なれません。なぜならその人の欲望は絵を描くことで満たされないからです。絵を描きたいとは思っていません。つまり欲望が明確になっていないのです。何をしていても「本当の自分はどこか他にある」とお客様気分で過ごしているため不完全燃焼なのです。
まとめると加藤先生は大学時代のたくさん時間のなる中で自分の本当の欲望を明確にすることが一番重要だとおっしゃっています。
俺の欲望は何か?明確ではありませんでした。だから本当の自分を探すと言いつつ転職を繰り返すのではないかと思いました。でも今はツアコンがんばりたいと思っています。
[PR]
by tjimahensyutyo | 2006-05-16 22:13 | ・T島の本