愛犬のりちゃん↑T島紹介は↓


by Tjimahensyutyo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

5月21日 映画 ジョンQ 最後の決断

T島の独り言
なぜ水を運ぶのか?それは水を運ぶからだ。意味のないことなどたくさんあります。自分の行動に意味を持たせようと無駄に考えるのはやめなさい。

★★☆☆☆
監督 ニック・カサヴェテス
主演 デンゼル・ワシントン
僕個人的にはデンゼルは好きです。だって演技がうまいんだも~ん。でもこの映画はなんかなまぬるいというか甘いというふうに感じてしまいました。僕は案外冷酷な人間なのかもしれません。お金が払えなければ病院で治療はできない。それを「どうせ病院はお金持ってんだろう」的なニュアンスで攻めて好意で何とかしてくれと思うのは間違っていると思います。例えば自分で消費者金融からお金を借りて借りるときは「必ず返します」と言い、いざとなったら「すいません。返せません」それでも返せと言おうものなら相手(ここでは消費者金融)を「この悪魔、鬼!」などとののしり始めたりする人もいます。借りたものは返す。これは当たり前のことです。これをうやむやにしたらもうわけがわからなくなります。これでは正直者がバカをみてしまいます。
この映画でもデンゼルが息子のために病院を占拠し、治療をするように脅します。その息子を思う覚悟はちょっと泣けます。でも病院を占拠するということは他の患者にも迷惑がかかり・・・つまらない話するな?・・・まあそういうことです。この映画は頭で考えることじゃないですもんね。
あと人質にとられた奴らは必ずといっていいほどなぜか犯人の仲間になりだします。お前ら逃げれる隙あるんだから逃げろよ!反権力=正義では必ずしもないと思います。ただ社会的弱者に対する配慮はもっとあってもいいと思います。法律の問題です。あとお金持ちはもっと慈善事業をしてもいいと思います。・・・俺も似たようなこと言ってるか?
[PR]
by tjimahensyutyo | 2006-05-21 18:07 | ・T島の映画