愛犬のりちゃん↑T島紹介は↓


by Tjimahensyutyo
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

7月17日 講談 田辺駿之介

テレビでの情報がすべてではありません。テレビの情報を自分の頭で考えることもせずに信じきっている人・・・要注意です。情報社会である現代、たくさんある情報の中で取捨選択していかなくてはいけません。自分の頭で考え、必要な情報を得ようとする積極的な姿勢が求められていると思います。優柔不断な人や行動が遅い人は、なぜか?それは情報を入れすぎているのかもしれません。それが迷う原因になったりします。では自分にとって要らない情報を捨てるにはどうすればいいか?それは
「目的意識を明確に持つこと!」
これにつきます。自分の目的にそった情報を入れ、目的にそった行動をとればいいのです。単純明快です。迷うことはありません。極端な話、お金持ちになりたいという目的(これは目的ではありませんけどね)があったとしたら、お金儲けになる情報以外は必要ないということになります。行動もお金になるかならないかのみです。
人生の目的、皆さんは明確ですか?・・・僕は模索中です。

b0062013_01173.jpg回りくどい話でしたが、先日講談を見に行ってきました。講談とは簡単に言うと落語みたいなものです。ただ話が歴史の話です。昔の武士が学んでいたようです。それを現代風におもしろく話したりする講談師もいます。
僕が見てきたのは田辺駿之介さんという話し家さんです。年齢は僕より1歳上です。でこの方が・・・かなりおもしろい!自分のことを駿之介クンと呼んでみたり。はじめは何か暗そうな登場の仕方だったんですけど、台の上に座りますとまあ声が大きい。というよりも話に抑揚がある。声が小さくて弱弱しいと思いきや突然大きくなったり。またときどき机をセンスみたいなので「バーン」と叩いたり。歴史の話を暗記していたり、かまずに話したりと僕にはできないことばかりだったのでちょっと感動しました。
しかしこれで終わらないのがこの講談教室の良いところです。駿之介クンがお客を指名し、お客がいきなり前の台に座り講談をしなくてはいけないのです。しかもいきなり指名。で・・・もちろん僕がさされました。なぜか僕って昔からこういうのに指名されやすいのです。紙を見ながらでしたが皆さんの前で講談をしました。緊張しましたがとても貴重な体験をさせていただきました。
講談要チェックです。
[PR]
by tjimahensyutyo | 2007-07-17 23:38 | ・T島の日記