愛犬のりちゃん↑T島紹介は↓


by Tjimahensyutyo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

9月9日 アホなことってやっぱり楽しい!

昨日地元の友人Y之君と一緒に鎌倉に住んでいる大学時代の友人のウルフの家に遊びに行ってきました。彼は結婚もして子供(4ヶ月)もいる立派なお父さんです。しかしウルフ・・・僕の友人の中でも飛びぬけて頭がぶっ飛んでいます。やること全ておかしいです。危険なことばかりします。なぜそんなことをするの?といつも疑問に思うのですが本当に危ないことばかりに挑戦します。それが見ていてかなり楽しいです。それにつられて僕も負けられない!と勝手に思い、僕もアホなことに挑戦したりします。
そんなウルフですが、久しぶりに会った今でもノリがは学生時代と変わりありませんでした。良いのか悪いのか・・・でも僕は彼に影響を受けました。彼はとてもシンプルに生きています。仕事が嫌だったり上の人の言うことがおかしかったりしたらケンカして辞めます。仕事がしたくなければしません。彼なりに悩んでいるようですが、よく言えば自由奔放、子供のような心を持っているといったところでしょうか。そんな彼をみて「それって悪いことではない」と感じました。人は大人になるにつれ、したり顔で
「世の中そんなに甘くないよ」「もうちょっと大人になれよ」「時には我慢も必要なんだよ」
などなどクソ・・・失礼。うんこのようなセリフを言います(転職が多いのでよく言われます)。でもそんなセリフをいう人の顔を見ると・・・ぜんぜん幸せそうじゃない。人間の幸せってなんだろう?と考えます。
ウルフは自分に正直に生きています。それが良いのか悪いのかは置いといて、僕は彼に影響を受けました。人に影響を及ぼすのってとってもすごいことだと思います。で、どんな影響を受けたのか・・・「アホなことが一番が楽しい」ってことを思い出させてくれました。
ではどんなアホな事をしてきたのか。城ヶ島という島に海水浴に行ってきました。そこの海は・・・一般的に思い浮かべる海水浴場ではなく、岩(ちょっとがけっぽい)がある海でした。そこで僕達3人は強風のため高い波の中協力しながら(しないと危ない)立ち向かうように泳いだりしていました。当然ウルフは考えるわけです。このがけから飛び降りれるか?もちろん彼はやりました。そうしたら僕ももちろんやります。あとは岩についている食べれるんだか食べれないんだかよくわからない貝をとって彼は生で食べたりしていました。でその貝を網で焼いて食べたり、煮たり。あと彼は一人で岩をよじ登ったり。落ちたら岩に叩きつけられるのに。なぜそんな危険なことをするのかは僕には理解が出来ませんでしたが。登ってみたくなったんでしょう。僕は心の底から「危ないからやめろ!」と叫びましたが彼はロッククライマーのように登りきりました。あとは夕方になり強風で岩に波が叩きつけられて水しぶきが出るような状態の海に飛び込んでみたり。帰るころは体中に岩に叩きつけたれた傷がありました。でその後そのまま彼の奥さんもつれて焼肉屋に行ってきました。その店の肉が本当にうまかったです。お酒も飲み久しぶりに気持ちよく酔いました。そしてそのまま彼の家に行き、みんなでトランプをしました。そこでの罰ゲームは、負けたら酢を飲むというもの。意味はわかりませんが、おもしろかったです。もちろん彼が一番負けてたくさん飲んでいました。その後男3人でお風呂に入りました。シャワーが1個だし、普通の家のお風呂なのでそんなに広くないのにも関わらずなぜか3人で入りました。ちん○んにシャワー当ててみたり、つねってみたり。意味不明な盛り上がりがありました。(奥さんは一緒に入っていませんよ。あしからず)奥さんもいやな顔一つせず付き合ってくれていい人でよかったです。
久しぶりに心から笑った気がします。アホなことってやっぱり楽しい。アホなことってやっぱり学生時代にやっていたことなんですよね。そのままの彼でいてくれてよかったです。また遊びに行きたいと思います。
左がウルフです。右の写真は帰りの首都高から撮った写真です。ブリッジの後ろに広がる青空と雲がとてもきれいでした。
b0062013_19544813.jpgb0062013_19551111.jpg
[PR]
by tjimahensyutyo | 2007-09-09 19:37 | ・T島の日記