愛犬のりちゃん↑T島紹介は↓


by Tjimahensyutyo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

9月18日 本 「成功するのに目標はいらない!」 平本相武 2007年

b0062013_22541510.jpgベリーナイス!!この本は素晴らしい本です。おそらくマイベストブックでしょう。いたるところに良いことが書かれています。表紙の平本さんナイス笑顔ですね。つられて僕も笑顔になってしまいます。まず題名からインパクトがありますね。常識の逆を言っています。僕はこういう常識の逆を行く人やはっきりと物事を切る人って好きなんです。僕の尊敬する3H(スリーH)のうちの一人です。3HとはイニシャルがHで始まるマーケッター兼成功者達です。彼らにみんな共通することは世間の当たり前に流されず、物事の本質を見ているというところです。あとは皆さんユーモアがあります。それは置いといて。この本ね。
人間にはビジョン型と価値観型とあると書かれています。ビジョン型とは目標をイメージしそこにたどり着くために何をすればいいのかを考えて行動する人。これはよく聞く話ですね。価値観型とは、まさに僕。はっきりとした目標はイメージできていないけどその場その場で自分の価値観が満たされているかどうかが重要な人。価値観型の人にいくら「成功するには目標を持って・・・」と言ってもそれは無理。同じやる気があっても考え方が違う。では僕の価値観って何だろう?何を大切にしているんだろう?・・・今そこを考えています。人の役に立つ?自由に働ける?給料がいい?・・・なんだろう?目標もイメージできず、価値観も不明だとどうすりゃいいんだ?そんな僕のためにこの本はあります。どうやったら自分の価値観がわかるか、やり方がぎっしりと書かれています。
まずは自分軸を持つこと。自分軸とは、「ありたい姿」と「自分らしさ」。この二つが明確になることでやる気が起こり、能力も目覚めるのです。どんなことをするときもはじめにイメージしますよね。「今日はカレーを食べよう」・・・カレーを食べている自分をイメージしますよね。そこからカレー屋を調べて行動する。そして結果に満足する。幸せな家庭を築きたい人が仕事ばっかで家に帰らなくてお金持ちにはなったけど家族はばらばら。これは成功ではない。人生も同じだと感じました。「自分らしさ」を出しながら「ありたい姿」に向かって生きる。それには自分軸を明確にしなくてはいけない。自分を見つめるのってとても疲れるけど逃げちゃいけないんだと思いました。
[PR]
by tjimahensyutyo | 2007-09-18 23:12 | ・T島の本