愛犬のりちゃん↑T島紹介は↓


by Tjimahensyutyo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

12月5日 映画 おもひでぽろぽろ 1991年

★★★★★
監督 高畑勲
声 今井美樹、柳葉敏郎、本名陽子
b0062013_2157511.jpg最高です。この作品。主人公の27歳のタエ子(今井美樹)の気持ちがとてもよくわかりました。都会生まれの都会育ちで田舎に憧れている。たまの連休に姉の婿の田舎に農業を手伝いに行く。そこで田舎が素晴らしいと思う。でも彼女には常に小学校5年生の自分が付きまとう。わがままだった自分が。
結局過去の自分と向き合わなければ未来には進めないのだと教えてもらった気がします。過去の自分を受け入れろと。
小学校5年生のタエ子がまたいい味だしてます。自分も小学生のときこんなんだったなぁと。
んでタエ子は田舎暮らしをしていくうちに過去の自分と向き合い、成長していきます。阿部君の話が印象的でした。小学校5年生のときに引っ越してきた阿部君はいつも汚くて不潔だった。クラスのみんなが陰口をたたいているのにタエ子は言わなかった。でも心の中では阿部君のことを汚く思っていて触りたくなかった。阿部君が転校してしまう日にクラス全員と握手するのだがタエ子だけに阿部君に
「お前とは握手してやんねーよ。ぶっ飛ばされんなよ」
と言い握手をしなかった。自分の気持ちが阿部君に伝わっていたのだと泣くタエ子に
柳葉敏郎の役(名前忘れた)が
「それは誤解だよ。阿部君はタエ子ちゃんのことが好きだったから最後握手しなかったんだよ」
と言われる。
感動的ですね。小さい頃ってタエ子のような経験、僕はあります。いい子になりたいんです。でもそんな自分を受け入れることが大人になることなんだと思います。
[PR]
by tjimahensyutyo | 2007-12-05 21:58 | ・T島の映画