愛犬のりちゃん↑T島紹介は↓


by Tjimahensyutyo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

3月28日 狼少年からの教訓

b0062013_21463180.jpg注:写真は本文とは関係ありません。
最近は良くも悪くもTシマンが話題になっています。
「いったい何始めるつもり?」
「キモッ」
「意味わかんないんだけど」
「小島よしおに似てない?」
「あんた今年何歳になるんだっけ?」
などとたくさんのお褒めの言葉をいただきました。これからも皆さんに喜んでいただけるよう精一杯がんばります。
b0062013_22155655.jpg
狼少年は皆さんご存知ですよね。きっと子供のころに親や幼稚園で話を聞かされたと思います。最近考えたんですが、狼少年の話からの教訓ってなんなのか?僕が覚えている狼少年の話ですが、確かどこかの村で、そこの農場でかっている羊が狼が来ると食べられてしまうので村人は狼を警戒しています。そこである少年が「狼が来たぞ~」と村人たちに言って周ったら村人たちはてんやわんやで大慌て。それを見た少年はおもしろがって何度もいたずらをしていました。ある時本当に狼が現れ、その少年は「狼が来たぞ~」と村人たちに言うのですが誰にも信じてもらえない。そして羊は食べられ、少年も・・・(こんな話ですよね?)
僕は子供のころにこの話を聞いてこういう感想を持ちました。
「うそはついてはいけないのだな」と。
確かにこういうことを言わんとしているのだと思います。しかし他にも考えられることがあるのではないかと思いました。
例えば、「少年の寂しい心を大人たちはわかっていなかった。もっと子供に関心を持ちなさい。特に急がしそうなふりをしているサラリーマン諸君」とか、
「いつもうそをつく人だからといって、どうせまたうそをついているのだろうという勝手な思い込みはやめなさい」など。
ある出来事を一つの方向からだけで見るのではなく、様々な角度から見ることで問題が解決したりすることがあります。この話も「うそはいけない」だけではなく、もっとその奥に潜む問題を見ると全てのことがつながりあって少年にうそをつかせてしまったのだという見方もできます。
いつも心は自然な状態でありたいです。

◎正義の味方「Tシマン」の今日の決め台詞  ※3月17日参照
現代は多様な価値観がある。だからこそ自分の価値観を明確にしておく
[PR]
by tjimahensyutyo | 2008-03-28 21:43 | ・T島の日記