愛犬のりちゃん↑T島紹介は↓


by Tjimahensyutyo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:・T島の本( 123 )

b0062013_1222510.jpg和田裕美さんの昨年末に開催されたわくわくセミナーに行ったことがあるのですが素晴らしく前向きな方です。失敗も経験だからやってみようてな感じです。そういうのって人に伝染していきますよね。そんでとてもチャーミングな女性です。かわいらしい。人から愛されるキャラクターですね。
この本はお金に対する考え方がメイン書かれていると思います。営業をしていてクロージングが出来な人はなぜか?それは自分自身がお金をもらうということに対して罪悪感を持っているとかクレジットカードはすぐに手に入れられない楽しさをすぐに手に入れるために金利を払うのだとか押し売りをしろというのではなく、相手の未来のわくわくを一緒に考えてあげるなど、さすが世界NO.2営業ウーマンです。全て前向きです。だからとても良い縁があったり、良い人との出会いがあったりするのだと思います。

◎正義の味方「Tシマン」の今日の決め台詞  ※3月17日参照
小さなことでも約束したら守れよ
[PR]
by tjimahensyutyo | 2008-04-27 11:21 | ・T島の本
b0062013_1113782.jpgなかなか勉強になりました。僕も仕事は一応営業をやっているので(そこまで営業でもないんですが・・・)この本でなにかこつをつかめればと思い読み始めました。内容はとってもわかりやすく書かれているのでおすすめです。
簡単に言うと4ステップマーケティングを提唱していて、営業=販売という考え方は古くて、営業というものを4つに分けて一つづつを会社の仕組みとして作りなさいということです。集客したりフォローしたりと販売以外にもやることはあるんですよね。売れない売れないとなげいている営業マンはどこのステップに問題があるのかを確認する意味でも非常に役立つと思います。
[PR]
by tjimahensyutyo | 2008-03-16 11:08 | ・T島の本
b0062013_23535962.jpgこの本マイベストブックに入るでしょう。ここ数年で読んだ自己啓発系の本(てゆうか俺こういうのしか読んでない自己啓発マニアやんけ!)の中でもトップクラスによかったです。
どうやったら幸せな金持ちになれるのか?それが書いてあります。ほとんどの人は成功することを恐れている。この言葉とってもよくわかります。失敗よりも成功が恐いんですよね。矛盾しているようで人間の真理ですね。そんで勝手に自分に制限をかけて・・・無理だと言い聞かせて・・・
あとは自由人と不自由人。自由人になるには、オーナーになって自分で労働しなくてもお金が入ってくるシステムを作り上げることだということです。確かにそうですね。そんな状態になったらいいですね・・・で終わらしちゃいけないんです!自分も心から成功を願い、そして達成するのです。自分には無限の可能性があります。そう皆さんにも。自分がなりたい姿を思い浮かべ(そもそも成功の定義は皆さんによって違います)、成功者になりましょう。みなさんがその可能性を秘めているのです!僕は一足先に成功者を目指します。
[PR]
by tjimahensyutyo | 2008-02-22 23:42 | ・T島の本
b0062013_2243515.jpg3月レーシックやります!
ということでこの本の作者であるお笑い芸人の水道橋博士が実際にレーシックの手術を受けた体験レポートが書いてあったので買ってしまいました。レーシック以外にも様々な健康法が書いてあり、とてもおもしろかったです。思ったのが、常識でない健康法だからといって効果がないというわけではないということです。良く知らないことだとついつい「それ本当に効果あるの?」とか疑ってしまい、何もやらずに医者から出された薬をなんの疑いもなく飲んでいたりします。
自分の健康は自分で守れよ!つーことですね。たまに不健康自慢をする人をみかけますが、たんなるアホですね。気の持ちようで良くなることもあるだろうし、自分を鍛えて病気を予防するという意識のほうがとても大切だと感じました。
と言いつつ僕はかなりのメタボリックです。見たければいつでも生でお見せいたします。
[PR]
by tjimahensyutyo | 2008-02-12 22:41 | ・T島の本
b0062013_20115167.jpg9月29日の記事「発想源プレミアムライブ」でご紹介した加藤昌史さんの本です。そうです。この本もそこの講演会場で買っちゃいました。おまけに加藤さんのサインつきです!講演会では、加藤さんは本当にポジティブでバイタリティがあって、話も楽しく素晴らしい方だと思いました。やっぱり本でもそうですね。とっても前向きです。で世の中の良いところや悪いところをいろいろな切り口で書いています。常にいろいろなことにアンテナを張り巡らせているのでしょう。素晴らしいリーダーです。
世の中で自分の思ったことを言うとどうなるか・・・人に嫌われる場合が多いですね。でも加藤さんは昔からそんなのおかまなしに自分がいいと思ったものや悪いと思ったことを口に出します。嫌われることを恐がりません。本のタイトル通りとは言いませんが、世の中に自分を合わせるよりも自分はどうしたいんだ!ということを言っていったほうが健全なことなのかもしれません。そういう人のほうが魅力的ですよね。
そもそもこの本を買った理由は上記のこともあるのですが、加藤さんがレーシックをやったということが書かれていたのです。レーシックとは目のレーザー治療で、視力が良くなるのです。まだ世の中に広がっていないと思いますが、僕はとても興味を持っています。
3月!レーシックやります!
[PR]
by tjimahensyutyo | 2008-01-28 20:05 | ・T島の本
あけましておめでとうございます。いよいよ待ちに待った2008年ですね。2008年は素晴らしい年にしたいと思っています。自分が変わらなければ変わらない!2008年は自分のミッション(本当の思い)を発見し、目標を設定して日々大切に過ごしたいと思います(と言いつつすでにだらだら過ごしていますが・・・)。
自分のミッション発見のための対策はすでに打ってあります。いずれご紹介したいと思います。まずはこの本。
b0062013_1874432.jpg作者の青木さんと僕はお話したことがありますし、青木さんがどうしてコーチになったのかなど資料を読んで知っています。とても素晴らしい方でユーモアもあります。この本でも自分のミッションの発見の大切さとコミュニケーションの良い取り方が書かれています。良い人生とは良い人間関係と言っても過言ではないと僕は思います。
結局のところ小手先のテクニックでは根本は変わらないということなんですね。逆に言えば自分の本当の思いに気づけばコミュニケーションの取り方も生活の仕方も変わる。なぜやろうと決めたことが長続きしないのか?俺は根性がないのか?ずっと疑問に思っていました。でもそれは違うんですね。自分が本当にやりたいと思っていない、もしくは自分の本当にやりたいことに気づいていないからなんだと思います。自分がどんな人生を送りたいか?明確になっていますか?それが明確になればすぐにでも行動を起こしたくなるはずです(僕の場合ね)。目的が明確になれば手段はいろいろあります。この本を読んで再確認しました。
2008年もよろしくお願いします!
[PR]
by tjimahensyutyo | 2008-01-02 18:13 | ・T島の本
b0062013_22442628.jpg素晴らしい本です。以前読んだんですが、今回再度読み返してみると・・・いろいろな発見があります。そのときの自分によって感じることが違うのかもしれません。
この本は、カーネギーさんの2大著書「人を動かす」「道は開ける」から良い部分を集めた形になっています。特に「人を動かす」はより良い人生を生きるためには必ず読んでもらいたい本だし、「道は開ける」も素晴らしい本なので、その2つが合わさった本なので必ず読んでもらいたいです!ハァハァ
人を動かすには、命令しない、自分の過ちを言ってから話す、相手が自分で気づいたようにしむけるなど、いろいろなテクニックがあるようですが、根本は・・・相手に深い関心を持つということなのだと思います。そこがあっていろいろな手段があるのだと思います。つまり無関心が一番の悪だと僕は思います。人間関係で一番悪い状態はお互いの無関心でしょう。害こそあれ良いことなど一つもありません。でも人はそりの合わない相手と接するのが嫌だったり、自分を否定されるのが恐かったり、気づくのが恐かったりして、今のままお互いに触れ合わないのがいいんだと思い込み、そのような状態を作ってしまうことがあります。本当はもっと良い人間関係を作りたいはずです。そして自分には興味関心を持ってもらいたい!・・・誰だってそうです。その前に相手に興味関心を持ちましょう。僕は耳が痛いですけど(なんてったって自分が大好きだからね!)・・・この本を読んでもっとより良い人間関係を作れるようにがんばろう!つまりは自分の人生をもっと良くしようと思うようになりました。良い人間関係があることが良い人生だと思います。
[PR]
by tjimahensyutyo | 2007-12-25 22:56 | ・T島の本
b0062013_2047371.jpgこの本はナポレオン・ヒルさんの本です。ということは成功のための本です。書かれていることは、思考は具現化する、だからポジティブに考えること。潜在意識を有効に使うための睡眠療法だとか声に出してみるだとか。成功のための本です。
自己実現。確かに素晴らしい言葉です。自己実現=成功でしょう。しかし成功とは何でしょうか?自己実現、人生で何を実現したいのでしょうか?僕は数々の成功法則の本やセミナーを受けてみましたが(まだ足りないと思うけどね)あるところにたどり着きます。それは
「俺(あなた)はどうなの?」
ということです。成功や幸せは人によって違うということです。お金儲け、人のために尽くす、何かの技術を極めたい、など人によって違います。成功した人のマネをしてもいいですが、それって自分のやりたいことなのか?やってみたはいいが長続きしない。いろいろな悩みを持つことになると思います。かくいう僕もそうです。ではどうすればいいのか?今僕はここにいます。
次回書く予定ですが、最近、リアライズというコーチングのセミナーに参加してきました。コーチングというと人の本心を聞きだすためのやり方だと思いますが、リアライズのコーチングはセルフコーチングです。つまり自分で自分の本心を引き出すためのコーチングを主としています。
僕が興味を持っていたのと合致しました。つまり人の本心聞くのもいいけど俺の本心わからない。まずは俺が出来てからだよ。ということです。
皆さんは自分と対話していますか?
[PR]
by tjimahensyutyo | 2007-12-03 20:46 | ・T島の本
b0062013_18174054.jpg成功本もういいや。という気持ちです。最近の僕は、人と話していて相手がすごいことを言っていても
「んでお前は何をしたの?どんなことをしたの?」
という突っ込みを入れてしまいます。本当にすごい人っていうのは行動力(もちろ失敗の数も多いと思います)が違います。行動力。これが僕の中で価値の高いことです。
この本では、人生で成功した人達を取り上げてその人の過去から亡くなるまで何を成し遂げたのか、どんな考え方をしていたのかを取り上げています。本を読んでいて思ったのが、成功者に共通しているのは、子供のときに貧乏で「なんとかしよう!」と心に決め、そして人より一生懸命働いた。あとは運と知恵があったのかなぁということでした。知恵は知識とは違います。僕は知識バカが大嫌いです(ちなみに僕は知識が全くありません。というよりも常識知らず。)知識だけあっても意味がないからです。知恵は行動とリンクしていると思います。行動が前提にあると思います。やっぱり行動。
成功するには、①何を成し遂げるかを決めて、②行動を起こす。そして失敗をたくさんしても③めげずに続ける。
これは僕の持論です。成功するには①、②、③のどれが今の自分に足りていないのかを見つけることからだと思います。・・・俺①なんだよなぁ。②はけっこういけると思ってんだけど・・・

水曜夜10時「働きマン」おもしろいね!
[PR]
by tjimahensyutyo | 2007-11-17 18:17 | ・T島の本
b0062013_2224538.jpgいや~今週は仕事が忙しかったです。あまり毎スペを更新できず申し訳ありませんでした。この本もけっこう前に読んだんですけどね。来週は「ちょっと笑える話part2」をお送りしたいと思っています。
この本の作者櫻川さんは非常に働いている人数の少ない職業であるたいこ持ちという仕事をしています。たいこ持ちとは飲みなどの席でお客さんを盛り上げることを仕事としている人のことです。会社同士の接待や何かの集まりなどに呼ばれたりします。芸者さんと共同でお座敷を盛り上げることもあるそうです。ともあれ人間力や気配りがとても大切な職業です。その方が
「何事も笑いが大切だ」とおっしゃっているのです。嬉しいじゃありませんか。こんな殺伐とした世の中だから余計にそうなのではないかと思います。別に僕のように何か芸をして笑わせろというわけではありません。人の話をきちんと聞くことが大切だとおっしゃっています。僕のようにギャグが次から次へと湧いてくればいいんですがなかなかそうもいかないと思います。というよりも人は自分の話を聞いてくれる人を好きになります。つまり自分の心につらいことがあってもどこか笑いやゆとりを持とうということです。そうすることで他人に対する気配りをする余裕も生まれるのではないでしょうか。
・・・今週は日曜日も仕事です。ちょっと変わったところに行ってきます。
[PR]
by tjimahensyutyo | 2007-10-26 22:34 | ・T島の本