愛犬のりちゃん↑T島紹介は↓


by Tjimahensyutyo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:・T島の映画( 200 )

★★★★★
監督 山田洋次
出演 木村拓哉、檀れい、笹野高史
b0062013_21485673.jpgいや~素晴らしい作品でした。ちょっと感動しました。キムタクかっこいいですね。と同じくらい壇れいさんがかわいい!とても魅力的な役を見事に演じていました。献身的な妻・・現代にまだいますかね・。・いますね。
目が見えなくなっても、妻を手篭めにされた恨みを晴らすため、武士の一分のためその相手に決闘を申し込み腕を切り、勝ってしまう。人間やろうと思えば何でも出来ますね。雨降って地固まるという終わり方もいいですね。
藤沢周平さんのあの世界観好きです。
[PR]
by tjimahensyutyo | 2008-02-05 21:47 | ・T島の映画
★★★☆☆
監督 ティム・バートン
出演 ジョニー・デップ、フレディ・ハイモア
b0062013_20953.jpgおもしろいと評判だったので見て見ました。映画を見て子供の頃を思い出しました。僕が子供の頃って例えば、チョコレート工場の内部ではなんかすっごいこと、夢のようなことをしてチョコレートを作ってるのではないかとかとにかくいろんなことを想像していました。まさにこの映画のような感じですよね。夢があっていいですね。
あと悪い人間にはきちんと罰が下るのもいいですね。
ジョニー・デップのキャラクターもすごくいいんですが、ジョニーがマイケル・ジャクソンに見えてしまったのは僕だけではないはず。というよりもわざとなのかなぁ~。
[PR]
by tjimahensyutyo | 2008-01-19 20:09 | ・T島の映画
★★★★☆
監督 森田芳光
出演 織田裕二、豊川悦司、松山ケンイチ
b0062013_22235850.jpg素晴らしい作品です!ぜひ見てください!と言いたいところなんですが、織田裕二ファン以外はどうかな?僕は織田裕二の演技が好きなので、序盤からにやにやしながら楽しんで見れました。
1962年に公開された黒澤明監督と三船敏郎の「椿三十郎」をリメイクした作品なんですが、全くの別物と考えてもいいかもしれません(僕は黒澤監督のほうは見てないんですけど)。というのもやっぱり演技にはとことんこだわる織田裕二が出てるんですから。オリジナリティはあふれんばかりでしょう。
中村玉緒や鈴木杏と緊張感ない系のユーモアもあり笑えるシーンもあります。個人的にはもっとチャンバラの場面が多くてもいいと思いましたが。
椿三十郎と9人の侍(+敵の門番役の佐々木蔵之介もいい味出してます)とのコミカルなやり取りがいいですね。毎回失敗ばかりの若侍達を見捨てず、最後まで協力してしまうお人良しの三十郎。最後は9人の侍も三十郎を信じ・・・
いい話です。
[PR]
by tjimahensyutyo | 2007-12-17 22:33 | ・T島の映画
★★★☆☆
監督 ショーン・レヴィ
出演 ベン・スティラー
b0062013_0125674.jpg深夜博物館で恐竜やミニチュア、異人達が動き出す。おもしろい発想ですよね。小さい頃こういうことって本当にあるんじゃないかとよく考えました。
主人公のベンは博物館の深夜の警備員の仕事に就くのですが、深夜になるとみんな動き出す。びっくりして初日はめちゃくちゃで次の日にはやってられないと退職届を出す。でも自分の息子の前でかっこ悪いことは出来ないと思い、次の日も働いてみようと決める。次の日はこつを覚えたのでうまくトラブルを起こさずやれると思いきや・・・なかなかうまくいかず。そんな彼にアドバイスをする人形。
「力で押さえつけずにみんなで協力しあうんだ」(多分こんな感じ)
そしてみんなの共通の敵(泥棒)が現れ、仲の悪かった者たちも協力し合い、泥棒を捕まえる。いいストーリーですね。僕が一番いいなぁと思ったのが、あまり関係ないところかもしれませんが、ベンが転職がすごく多いのですが、ここ(深夜の警備員の仕事)でがんばろうと腹をくくったら積極的に仕事をやるようになり、生き生きしだしたところです。
仕事の内容がどうとかではなくて、仕事に対する自分の気持ちで生き方って変われるんだなあと思いました。
[PR]
by tjimahensyutyo | 2007-12-11 00:21 | ・T島の映画
★★★★★
監督 高畑勲
声 今井美樹、柳葉敏郎、本名陽子
b0062013_2157511.jpg最高です。この作品。主人公の27歳のタエ子(今井美樹)の気持ちがとてもよくわかりました。都会生まれの都会育ちで田舎に憧れている。たまの連休に姉の婿の田舎に農業を手伝いに行く。そこで田舎が素晴らしいと思う。でも彼女には常に小学校5年生の自分が付きまとう。わがままだった自分が。
結局過去の自分と向き合わなければ未来には進めないのだと教えてもらった気がします。過去の自分を受け入れろと。
小学校5年生のタエ子がまたいい味だしてます。自分も小学生のときこんなんだったなぁと。
んでタエ子は田舎暮らしをしていくうちに過去の自分と向き合い、成長していきます。阿部君の話が印象的でした。小学校5年生のときに引っ越してきた阿部君はいつも汚くて不潔だった。クラスのみんなが陰口をたたいているのにタエ子は言わなかった。でも心の中では阿部君のことを汚く思っていて触りたくなかった。阿部君が転校してしまう日にクラス全員と握手するのだがタエ子だけに阿部君に
「お前とは握手してやんねーよ。ぶっ飛ばされんなよ」
と言い握手をしなかった。自分の気持ちが阿部君に伝わっていたのだと泣くタエ子に
柳葉敏郎の役(名前忘れた)が
「それは誤解だよ。阿部君はタエ子ちゃんのことが好きだったから最後握手しなかったんだよ」
と言われる。
感動的ですね。小さい頃ってタエ子のような経験、僕はあります。いい子になりたいんです。でもそんな自分を受け入れることが大人になることなんだと思います。
[PR]
by tjimahensyutyo | 2007-12-05 21:58 | ・T島の映画
★★★★☆
監督 ウディ・アレン
出演 ウディ・アレン、ティア・レオーニ
b0062013_20193155.jpg
おもしろいです。かなり笑えます。監督のウディが映画でも監督役として出演しています。
ストーリーは、落ち目の映画監督(ウディ)が元妻(ティア)の今の彼氏である映画会社のプロデューサーから監督の指名を受け、メガホンを取る。そこで起こるドタバタという感じです。特に笑えるのがウディがネガティブな精神性から撮影の途中に目が見えなくなってしまい、それを元妻や通訳の中国人などに助けられ、周りに気づかれないように撮影をしていくところです。
最後はハッピーエンドで終わるのでいいと思います。
[PR]
by tjimahensyutyo | 2007-12-03 19:28 | ・T島の映画
★★★☆☆
原作 寺沢武一
声 松崎しげる
b0062013_18505295.jpgコブラ。有名な作品です。海賊のコブラが主役のアニメなんですが、昔からある作品ですね。僕は一度仕事の関係でコブラの版元さんのところに話に行ったことがあるんですが、コブラを使った様々なグッズが発売されていてそれらがオフィスに飾ってありました。
アニメでは松崎しげるのコブラの声がしぶくてよかったです。話は全体的に重め(コブラは明るいですけど)で大人向けのアニメです。だって美人三姉妹がコブラと恋をして次々と死んでしまうんですもの。
[PR]
by tjimahensyutyo | 2007-11-23 18:54 | ・T島の映画
b0062013_155063.jpg
★★★★★
監督 ツイ・ハーク
出演 ジェット・リー、ロザムンド・クワン、ドニー・イェン
僕の好きな映画ベスト3に入る作品です。すっごいおもしろい。カンフー好きな人にはね。アクションアクションの連発です。リーがマジかっこいい。彼は実在した中国の英雄ウォン・フェイホンを演じています。このシリーズにより、リー=ウォンというくらいキャラがマッチしていると思います。実在したウォンは武術家であり医者でもありました。そうとう武術が強かったことで有名でした。数多くの弟子を輩出しています。
時代は中国清の時代の末期。混沌とした時代です。中国にたくさんの外国からの圧力がかかってきていた時代です。そんな中、内容のない宗教が流行り、外国人を殺せと暴れている。ウォンは外国の知識も入れなければいけないと思っていたので、白蓮教というその宗教団体と闘います。これがまたかっこいいんだわ。付き人一人と乗り込んでいき、ばったばったと倒していきます。僕の大好きなシーンです。それとラストの提督役のドニー・イェンとの戦い。最高です。ドニーとリーの棍棒を使ったアクションはマジですんげー早い。当時中学生のときにこの映画を友達と見に行った僕は感動しまくり、学校の掃除の時間などでホウキを棍棒に見立てて遊んでいました。でこのドニーという人もすごい人です。最近ハリウッド映画などにも進出していますが格闘技にたけている方です。リーとドニーが競演して戦っているというところにすごさを感じます。ちなみにジャッキーチェン主演の映画「シャンハイ・ナイト」でジャッキーとドニーが初競演したことでも話題をよびました。
この映画見た後自分が強くなったような錯覚におちいります。写真はドニーとリーが戦っているところです。
[PR]
by tjimahensyutyo | 2007-10-27 15:06 | ・T島の映画
★★☆☆☆
監督 フィリップ・G・アトウェル
出演 J・リー、ジェイスン・ステイサム
b0062013_17362955.jpgいや~リーのアクションはこんなものではないんですよ!この映画リーである必要性があまりわかりませんでした。予告ではリーとジェイスン(映画「トランスポーター」の主役の人)の対決的な感じでおもしろそうだと思ったんですけど。あんまり対決してない・・・映画館で途中寝ました。
ストーリーももっとシンプルがいいです。謎解きが好きな人はけっこうおもしろいと思うかも。僕の頭はシンプルに出来ているのでストーリーもシンプルがいいですね。ラストは「おお!」と思わせてくれますけど。
ジェイスンの聞き取りづらい日本語はわざわざ途中に日本語で話す意味があるのか?と感じました。あと日本人の俳優石橋凌とケインコスギが出演しています。ケインはなぜかちょい役。
僕としてはもっと派手なアクションを期待していたのです。
[PR]
by tjimahensyutyo | 2007-10-21 17:41 | ・T島の映画
★★★☆☆
監督 こだま兼嗣
声 高山みなみ 、山崎和佳奈 、神谷明 、茶風林
b0062013_0193413.jpgついつい先日テレビで放送されていたので見てしまいました。ミステリーなので犯人を知りたいと思い最後まで見させようとする制作側の作戦にまんまとひっかかりました。でもまあおもしろかったです。さすがコナンシリーズ!
欄?が記憶喪失になったり、警察官が次々と殺されたり、少年探偵団が活躍したり、なかなかのエンターテインメントぶりです。夢があっていいですね。
そろそろ見だめしていた映画の記事も終わります。来週からはT島のギャグなどもご紹介していく予定でごわす。
[PR]
by tjimahensyutyo | 2007-10-12 00:24 | ・T島の映画