愛犬のりちゃん↑T島紹介は↓


by Tjimahensyutyo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:・T島の映画( 200 )

★★★☆☆
監督 ツイ・ハーク
出演 ジェット・リー 、ロザマンド・クワン 、ユン・ピョウ
b0062013_23165660.jpg時代はジェット・リーです。ジェット・リー主演最新映画「ローグアサシン」先週から公開されています。僕は来週見に行ってきます。
この映画のときの名前はジェット・リーの名前はリー・リンチェイです。僕はこの作品の続編にあたる天地大乱という作品を中学3年のときに映画館でみて(ジャッキーチェン主演のポリスストーリーを見に行ったときに一緒に見れたんです。当時は2作品一緒に公開とかやってましたよね)一気にリーのファンになってしまいました。中学校でもリーの棍棒を使った技(敵の足元をコンコンコンコン叩く感じの技)を掃除の時間などにホウキで友達とやりあっていました。リーのアクションはとてもインパクトがありました。ジャッキーは生身のアクションならリーはワイヤーを使っているのですがとても華麗なアクションなのです。
この作品も見どころ満載です。設定は中国の清末期の激動の時代に実在したウォン・フェイホン演じるリーが、外国人を無意味に殺そうとする集団を成敗したり、銃に武術で立ち向かえるのか!だったり。とにかく混沌とした時代です。その時代にウォンは医者であり武術家であり、正義の人でした。リーが本物のウォンに見えてきます。
見張るべきポイントはジャッキーチェンの弟弟子ともいえるユン・ピョウが競演していることです。話は変わりますが、すでに撮影に入っているのかもしれませんがジャッキーチェンの最新作でな、な、な、なんとジャッキーとジェット・リーが競演するのです!夢の競演です。ずっと実現してこなかった本当に夢のような競演なのです。
話は戻りまして、ラストはアクション!ウォン強い!アクションと言う感じで見ていて燃えてきます!
[PR]
by tjimahensyutyo | 2007-10-10 23:17 | ・T島の映画
★★★☆☆
監督 ジョン・シングルトン
出演 ポール・ウォーカー 、タイリース
b0062013_0541110.jpgなかなかのカーアクションです。特に難しいことを考えずに楽しめるのでこの手の作品はけっこう好きです。というよりもそう作ってほしいのです。今回は少しマフィア関係が難しいように感じました(って俺だけ?)。もっとシンプルに。難しいことは他の作品にまかせてさ。
主人公のポールがかっこいいです。隣の美女を見ながらスピードを出し、運転するのなんかやられた日にゃあ女性は惚れますね。
あと突っ込みどころとしては、マフィアも警官もなぜか人数が少ない。警官は極秘で小数で潜入捜査だから2人くらい(主人公を補佐する人たちね)でもしょうがないとして、マフィアがボスと女(囮捜査官)と手下2人(最後のほうに何人か出てきますけど)という状態はなんか寂しかったです。大勢でワイワイやろーや。
[PR]
by tjimahensyutyo | 2007-10-10 01:01 | ・T島の映画
★★★☆☆
監督 ルイ・レテリエ
出演 ジェイソン・ステイサム
b0062013_1743991.jpgジェイスン・ステイサムの超過激アクションエンターテイメントです。運転手という役なのですが、肉体を使ったアクションてんこ盛りです。ストーリーもしっかりしているし見ていてあきがきません。ただ気になったのがやっぱり銃ですね。敵が銃を持っているんですがなぜかいつの間にか拳対拳の闘いになっているんです。初めは敵が銃を持っているのに。
「玉切れだ!」
・・・もっと玉用意しときーや!と突っ込みを入れてしまいました。ただこの肉体アクションはやっぱり銃をどうやって防ぎながら闘うかというところが難しいと思います。それでもけっこう派手なアクションをジェイスンは繰り広げているのでお前は香港人か!と思わされます。
今月から公開の新作映画「ローグアサシン」であのジェット・リーと競演をしています。とても楽しみな作品なので僕は見に行ってきます。
[PR]
by tjimahensyutyo | 2007-10-08 17:09 | ・T島の映画
★★★★☆
監督 水田伸生
出演 須賀健太 、篠原涼子 、西村雅彦 、北村一輝
b0062013_16481314.jpgおもしろかったです。原作の一色まことさんのマンガを読んでいたので映画もおもしろいだろうなとは思っていたんですが予想通りでした。主演の須賀健太君がいい味出してますね。原作どおりのワンパクぶりでした。母親役の篠原涼子いいですね。ちゃきちゃきのお母さんという感じが最高です。
ストーリーは須賀君が交通事故にあい幽体離脱を起こし、そこから幽霊が見えるようになってしまい、幽霊達との交流や昔のことを振り返りながら進んでいきます。ちょっぴり感動できます。
須賀君といえば「ALWAYS 三丁目の夕日」ですがこの作品もはまり役だと思います。
[PR]
by tjimahensyutyo | 2007-10-08 16:52 | ・T島の映画
★★★★☆
監督 プラッチャヤー・ピンゲーオ
出演 トニー・ジャー
b0062013_23255325.jpgやっぱしおいらはこういう映画ですな。ストーリーなど何でもござれ。大事なのはアクションです。ワイヤーなしスタントなし動きを早く見せるための早送りなし。CG全盛の時代で基本的なことしかキャッチコピーにしていないのですが、すげぇと思うのはなぜでしょうか。それほど自分の肉体のみを使って演技する俳優が少なくなったのでしょう。ジャッキーを見習いなさい!!ハァハァ。
とは言うもののトニー・ジャー素晴らしいです。タイのムエタイの選手だけあって動きがかっちょええです。そして本当に強いのだと思います。回し蹴りやら膝蹴り(やたらと多い)やら肘鉄やら僕だったら一発でノックアウトされていると思います。
ストーリーはいたってシンプル。村から盗まれた仏像の頭を取り返すために田舎から出てきたトニーが悪の組織と闘い最後は勝つ!
今後の作品にも期待です。
ちなみに僕はトニーのモノマネが出来ます。相棒?のハム・レイというおっさんをトニーが呼ぶときの口調をマネすることが出来るのです。かなりそっくりです。自分一人のときにやって、自分一人で笑っています。一人で笑うのはもったいないので皆さんにも笑いをわけてあげたいです。見たい人は会ったときに言ってください。
[PR]
by tjimahensyutyo | 2007-09-27 23:32 | ・T島の映画
★★★★☆
監督 クリス・ワイツ 、ポール・ワイツ
出演 ヒュー・グラント 、レイチェル・ワイズ 、ニコラス・ホルト
b0062013_21444329.jpgおもしろいですね。こういう作られた感がない自然な映画って好きです(そうでもないかな?)。
自分勝手な男役のヒューグラント(独身、自分のことにしか興味がない)もまたいいですね。将来の僕を想像してしまいました。彼は働かなくても親父の印税で一人だったら食べて行くことは出来るし自由気ままな人生をそれなりに楽しんでいる。人に頼られることも頼ることもなく。そしてナンパがうまい(ここは僕とかなり違いますね)。しかし12歳の少年ニコラスに出会い少しずつ変わっていきます。なんていうか人を大切に思う心を持ち出したというんでしょうか。その結果ニコラスの母親までも大切に思うようになり・・・クリスマスは毎年一人で気ままに過ごしていたのに今年はいろいろな人が集まっている。なんかいい映画です。ニコラス少年の演技もいいですね。
[PR]
by tjimahensyutyo | 2007-09-26 21:59 | ・T島の映画
★★★☆☆
監督 西久保瑞穂
原作 ますむらひろし
声優 山寺宏一、平山あや、内田朝陽、谷啓
b0062013_18151424.jpg3D-CGで作られたアタゴオルです。主人公のヒデヨシが自由奔放に行動するのがおもしろいです。原作のコミックはかなり昔から続いています。それを今回映画化いたしました。しゃべる猫のヒデヨシとアタゴオルの住民の物語です。今回の映画では特に難しいストーリーでもなく、悪の女王を倒すという簡単なものです。でもヒデヨシよりもその仲間のほうが活躍していたような。ヒデヨシはただ自由に生きていただけのような。そもそも3D-CGにする意味はなんなのか。懐かしいタッチがアタゴオルのよさではないのか。いろいろ疑問はありましたが、ヒデヨシの自分勝手なところがおもしろいです。自分勝手というよりも自分の思うがままに行動するところですね。見習いましょう。
[PR]
by tjimahensyutyo | 2007-09-17 18:20 | ・T島の映画
★★★☆☆
監督 デヴィッド・R・エリス
出演 キム・ベイシンガー、クリス・エヴァンス、ジェイソン・ステイサム
b0062013_0343396.jpg途中退屈することなく観れたのでまあまあおもしろかったと思います。宣伝とかを見て僕がイメージしていた「セルラー」はもっと残虐で恐ろしいサスペンスみたいな話かと思っていました。だって突然誘拐されて屋根裏に閉じ込められてしまい、唯一の助けを呼ぶ手段として壊れた電話を使い全く知らない相手に救助を頼むというものなんですもの。なんかサスペンスっぽい感じでしょ。でも実際はアクションに近いですね。キムに電話で指示されて全く面識もないのにクリスがカーチェイスやアクションを繰り広げ、何とかして助けようとがんばるというものです。
何度か笑えるシーンがあります。例えば、携帯電話の充電がなくなりそうになってしまい(この映画では電話がつながっているということが唯一の救助を求める方法なので)お店に充電機を買いにいったら長蛇の列があって店員は並べとしか言わない。そこでクリスが拳銃を持ってきて、強盗さながらに「充電機を今すぐ持って来い!」というシーンとか。あとはむかつく弁護士の車を2回も盗んだりとか。携帯電話好きな人はさらに楽しく見れるかもしれません。
[PR]
by tjimahensyutyo | 2007-09-17 00:42 | ・T島の映画
★★★★★
監督 ブレット・ラトナー
出演 ジャッキー・チェン、クリス・タッカー、真田広之、工藤夕貴
b0062013_22312752.jpg
いや~先週の日曜日映画館で観てきちゃいました。やっぱりジャッキー映画は映画館で観ないといけないですね。迫力が違います。今回は「ラッシュアワー」シリーズの第3弾です。このシリーズは興行収入がなかなか良いのです。今回の作品は、シリーズの中で1番おもしろかったと思います。おもしろかったというのはギャグが多かったんです。クリスのね。ジャッキーのアクションシーンや格闘シーンは少なくなりましたが、クリスのマシンガンギャグが炸裂しまくり、上映中ずっと笑い続けさせてもらいました。ここまで笑い続けた映画は他にないような気がします。例えば、ジャッキーが一生懸命敵と戦っているのに横でどうでもいいことや今言う必要のないことなどを一人でしゃべっていたり、毒舌だったり。印象に残っているのがジャッキーVS真田のラストのシーンで二人が真剣に戦っているのに横でクリスが
「(剣で闘っていたので)キンタマ切って妹にしろ!」(真田はジャッキーの弟分だった役)
とか言うのはおもしろかったです。こんなのがたくさんあります。
もちろんジャッキーとクリスのコンビネーションアクションはかっこいいです。それに今回はやっぱり真田広之ですね。ジャッキーとの息のあったアクションシーンは素晴らしいです。剣で闘うので出来れば素手での戦いが見たかったです。エッフェル塔でのアクションシーンはきれいです。昨日見た夢でエッフェル塔が出てくるくらい印象に残りました。
今回すごく良かったのはカーチェイスのシーンです。フランス人運転手が超いいキャラなんです。はじめはアメリカ人を嫌っていていやいや運転しているのがカーチェイスが始まると超ノリノリ。そのギャップが笑えます。CIA気取りなんです。もちろんジャッキー映画のカーチェイスなので車に飛び移ったり、飛び移られたりで迫力があります。
ジャッキーが好き、アクションが好き、笑いたい、T島が好き、T島が嫌い、別にT島のことはなんとも思っていない、どれかに当てはまる人は「ラッシュアワー3」を見たほうがいいと思います。
[PR]
by tjimahensyutyo | 2007-09-05 22:32 | ・T島の映画
★★★★☆
監督 クエンティン・タランティーノ
出演 ユマ・サーマン、ルーシー・リュー、栗山千明
b0062013_2225409.jpgいや~思っていたよりもおもしろかったです。って毎回こう書いてる気がします。
感想は一言。さすが鬼才クエンティン・タランティーノ監督!チャンバラあり、ちょっとした笑いがちりばめられている、古臭い日本がの感じが出ているなどいろいろなおもしろいところがあります。監督の日本好きも伝わってきます。
ストーリーは、組織を抜けた主人公が組織のボスに旦那も含めみんな惨殺されてしまい、奇跡的に助かった彼女はボス(ビル)とその仲間達に復習するために行動するというもの。
話が始まっていきなり殺し合い(復習)が始まるので、あっというまに物語に引き込まれました。アクションは最高にいいですね。主人公(ユマ)VS組織の一人(ルーシー)&大勢の雑魚キャラの大立ち回りは最近見たアクション映画の中では群を抜いてよかったです。その分残酷でしたけどね。刀で襲い来る敵をバッタバッタと切っていくんですから。首は飛ぶわ、腕は切られるわ。でも僕は主人公1人VS大勢の敵のアクションが好きなんです。見ていてかっこいいですから。
あと話の途中で結構長いアニメーションが入るのもよかったです。過去のシーンが違和感なく見れました。
Vol.2にも期待です。続編ですからね。話が長くなりすぎて2部作になったそうです。明日の深夜放送予定です。
[PR]
by tjimahensyutyo | 2007-09-02 22:38 | ・T島の映画