愛犬のりちゃん↑T島紹介は↓


by Tjimahensyutyo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2006年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

★★★★☆
この映画今頃見てきました。三谷ワールド全快です。ハプニング的な笑いが多いので僕好みです。本当の笑いってまじめな場面で生まれるということを知らしめさせてくれるのが三谷さんだと思います。キャストが一昨年の大河ドラマ「新撰組」に出演した方々が多数でていたのでその映像を見ているだけでおおーと思いました。例えば佐藤浩市と香取伸吾の絡みなど興奮ものですい。近藤勇と芹沢鴨のようで。映画は最後はハッピーエンドでちょっと感動的です。
[PR]
by tjimahensyutyo | 2006-03-28 14:56 | ・T島の映画
★★★★☆
ジャッキーチェンの映画です。僕は中学3年のときにみたジャッキーチェン主演の映画「酔拳2」を見て感動していらいジャッキーチェンのファンです。まあその前からファンでしたけどファンクラブに入会し、熱狂的になったのはその頃です。おかげで中学校で試合(後頭部に蹴りを入れたほうが勝ちというわけのわからない闘い)が大ブームになりました。この映画はジャッキー初の武侠映画なのです。今「グリ-ンデスティニー」やら「HERO」やら「PROMISE」やらが流行っていますが昔の中国の時代を表現した映画です。僕的にはあまり好きではありません。この映画では秦の始皇帝の近衛兵をジャッキーが演じています。そしてさすがジャッキーというのでしょうかそれだけでは終わらず、現代のジャッキーが過去の近衛兵のジャッキーと二人を演じています。そしてストーリーではそれぞれが絡み合い・・・という感じです。アクションは当然すごいです。現代でのアクションはいつもどおりのコミカルでちょっと笑えてという感じで、秦の時代では槍やら剣やらがでてくるのでカンカンカンカンという武器どおしのぶつかり合いが迫力的です。僕が好きなシーンはジャッキーが一人で大勢の敵相手に槍と剣で戦うシーンです。武神のような強さとかっこよさです。しかし最後にジャッキーはやられてしまうのですが。話もけっこう感動的なのでインドのセクシーな美女と韓国の美人が出ているの目の保養になります。僕はどちらかという肌の色が黒っぽい人のほうが好きなのでインドの美女の方が好きです。以上です。
[PR]
by tjimahensyutyo | 2006-03-24 19:10 | ・T島の映画

3月23日 映画 救命士

★★★☆☆
ニコラス・ケイジ主演の映画です。思ったよりもぶっとんだ作品でした。酒飲みながら運転するわ、それで救急車で一回転して事故を起こすわ、救急車を棒でぶったたいて壊している救命士もいるわです。ニコラスは命を救えなかった人のことで悩みながらも仕事をし続けます。と書くと普通の話のようですがとにかくストーリーが飛んでいるような感じなので予想できないのでなかなかおもしろいです。
[PR]
by tjimahensyutyo | 2006-03-23 17:42 | ・T島の映画
★★★★★
心が洗われます。「雫結婚しよう!」言ってみたいですねそんなセリフ。この映画を見て何か大切なものを思い出したような気がしました。汚れてんな俺!人を好きになるってもっと純粋で感動的で偶然的なものなのかもしれません。だから二人のストーリーが出来上がり、ロマンスが生まれるのでしょう。今の若者もっと純粋な10代にしかできない恋をしなさい!早く大人になろうとしてはいけません!でも宮崎アニメに出てくる女性というのはみんな素晴らしいですね。僕の理想の女性像はナウシカですが、ほとんど全部のヒロインが好きです。この映画に出てくる雫も素晴らしい女性です。見事に中学3年の受験やいろいろな悩みをもった女の子を演出しています。図書カードに書かれている男の子に興味を持ったり、嫌な奴だと思っていた男の子がその図書カードの男の子という奇跡の偶然。そして何か知らないけど好きな男の子に負けたくない、おいていかれたくないという葛藤。物語を書くという漠然とした夢を実際に物語を書いてみて自分の力のなさに気づき、勉強しなきゃと思い高校進学を決める。素晴らしいですね。高校進学の動機がしっかりとしています。まあ能書きは置いといて雫かわいいです!これが全てです。ああいう恋愛したいです。この映画見てない人必ず観なさい!
[PR]
by tjimahensyutyo | 2006-03-19 14:39 | ・T島の映画
久々に本読みました。まあ俗に言うナンパ手法本です。この本を買ったきっかけはバイト先に来るお客さんに最初の一言どうやってかけて仲良くなれるかと悩んでいたからです。ナンパもこういう職業も似ているということですね。しかしこの本かなり参考になります。今度一人でナンパやってみようと思います。中でもおもしろかたのが、声をかけて無視されるのは当たり前なのでどうやって女の子の足を止めるか、例えば、混乱法といっていきなり関係ない話しを機関銃のようにまくしたてるとか、「彼女むっとしてない?」と声をかけると人間は他人には良く見せようという本能が働くらしくつい笑顔になってしまうとか、すると笑顔になると陽の気分になるので無意識のうちに話しをしだしてしまうとか、楽しかった経験を話させると陽の気分になるとかいろいろです。中でも「むっとしてない?」という質問は友達に試してみても効果があったのでおもしろかったです。次回実践したときのご報告をできることを楽しみにしています。
[PR]
by tjimahensyutyo | 2006-03-16 17:43 | ・T島の本
★★★☆☆
アンジェリーナ・ジョリーかわいいです。Mr&Mrsスミス(ミセスってこれで合ってる?)でさらにかわいいアンジェリーナですがトゥームレイダーもはまり役です。あのポチャッとした唇が好きですね。どうでもいい?僕としてはトゥームレイダー1のほうがおもしろかったようです。2の監督はヤン・デ・ボン監督なのでアクション要素は強くなりましたが。全体的にまあまあの内容です。
[PR]
by tjimahensyutyo | 2006-03-16 17:35 | ・T島の映画
★★★★☆
この映画おもしろいッス。小学生くらいの男の子がダンスに目覚めて練習していくうちに全く認めていなかった親父や兄貴も応援してくれだすのです。親父は炭鉱で働いていてストライキ中で金もない。そしてそんなダンスなんかやめろと言う。しかし少年のダンスに対する真剣さを見るとストライキをやめ、働き、お金を稼ぐようになり、少年のダンス学校入学への力になろうとする。感動的でした。思い出すのが小学校のときって何か知らないけど歩きながらふらふらしたり何かを触ったりしていたのですがその少年も踊ったりふらふらしていたので笑ってしまいました。
[PR]
by tjimahensyutyo | 2006-03-15 18:14 | ・T島の映画

3月15日 狼たちの午後

★★★☆☆
以前見たときはかなり衝撃的におもしろかったんですけど、なんか今回は観ていて何度か寝そうになってしまいました。アル・パチーノの出世作です。銀行強盗に入ったアルパチーノたちでしたがずさんな計画により警官に囲まれてしまう。そこから交渉したり野次馬を味や人質を味方につけたりするのですが、最後はあっけなく。何か考えさせられます。
[PR]
by tjimahensyutyo | 2006-03-15 18:07 | ・T島の映画
★★★☆☆
いや~見に行っちゃいました。どうだったかって?う~ん映像がすごい!あとは映像がすごい!おまけに映像がすごい!CGの動物や本物の動物を使っているらしいのですが見分けがつきません!(ヒロシ風)例のごとくいろいろ突っ込みどころはあります。普通の少年少女たちがいきなり戦争で活躍できるのは何で?仮にタンスの奥がナルニア国につながっていたというのはファンタジーの世界なので許せます。しかしいきなり剣や弓を戦争で使いこなしてしまうのには納得がいきません。あと敵の魔女が冷酷なようでそこまで冷酷じゃありません。さっさと少年を殺せよ。あと味方軍のボス(ライオン)一度死んだら生き返るなよ。死んだときに感動してんだからさ!死んで生き返ったら何でもありになっちゃうだろ!
ということで皆さんナルニア国物語見に行きましょう~
[PR]
by tjimahensyutyo | 2006-03-14 16:52 | ・T島の映画

3月14日 映画 TRY

★★☆☆☆
ホワイトデーですね。ホワイトデーって一体何をお返しすればいいのでしょう?よく人は「そういうのって気持ちだから何でもいいんだよ」と言いますが「だったらあめ玉でもいいな!」ということになりますが、するとあなたの気持ちってそんなものなんだということになるので、気持ちって難しいし、何かずるいですね。もらう人の解釈によって決まってしまう傾向があります。僕の考えでは金額の高い安いは関係なく、どれだけお返しする人のことを思い、どんなプレゼントがいいのかを考えたかによると思います。そうすればこういう理由でこのプレゼントを上げるんだと言うことが言え、相手にも納得してもらえると思います。たとえ金額が安くてもね!・・・
織田裕二主演の映画です。言わなくてもわかっていると思いますが僕は織田裕二のファンです。野外コンサートにも弟と一緒に行ったことがあります。20世紀初頭の中国の話ですが、あの当時はいろいろな国との利権争いなどがあり混沌としていました。その中でペテンを働くのが裕二です。ストーリーは好きなんですが、何しろ中国人の俳優がかたことの日本語で話すのでつい冷めてしまいます。それに中国語で話されたことに裕二が日本語で返したりと細かいところで「なんだそりゃ!」と思わされてしまいました。どんな良い役者さんでもかたことでセリフを言われたら見ているほうは感情移入できづらくなります。製作する側はそこを考えてほしかったです。どうせなら全員日本の役者を使ってオール日本語でもよかったと思います。それと渡辺謙も出演しています。
[PR]
by tjimahensyutyo | 2006-03-14 16:43 | ・T島の映画