愛犬のりちゃん↑T島紹介は↓


by Tjimahensyutyo
カレンダー

<   2006年 11月 ( 23 )   > この月の画像一覧

T島さんのお言葉
夢を具現化することができれば必ずそれは実現するのであ~る。江田島平八であ~る。

僕はそれほどお酒が好きではありません。ただ友人と集まって話をしながら飲むのは好きです。なので月に3~4回くらい飲みます。僕はどちらかというと体を動かして遊んだりするほうが好きです(ボーリング、パターゴルフ、ビリヤードなど)。なので僕をデートに誘いたい人はそういうところへ誘うとうまくいくでしょう。
先月は知り合いが大塚でホルモン焼き屋をやっているので3人で行ってきました。肉はおいしかったです。しかしここで初体験をしてしまいました。そう、焼酎を飲みすぎて記憶をなくしてしまったのです。はじめはサワーを飲んでいたのですが、途中から普段飲んだこともない本格焼酎(芋、麦、米など。特にこの店はたくさん焼酎が置いてあります)を飲みだしてしまったのです。それも調子に乗ってロックで5杯ほど。そしていつの間にか隣に座っていた見ず知らずのカップルと意気投合していました。しかもそのカップルの男のほうは、元ヤンキーだということで今でもかなり恐そうな人でした。さらに調子に乗った僕は(まだ記憶はあります)その元ヤンキーの人がお持ち帰り用に買った焼酎のボトルを開けて「これも飲んじゃいましょう」と言い一人でついで飲んでいました。彼は心の大きい人だったので僕は半殺しの目に合わず「飲め飲め」とおっしゃってくれました。やさしい人でした。そしてその後は・・・記憶がありません。トイレに閉じこもり吐きまくっていたそうです。そして元ヤンキーの人が帰るときに突然トイレから出てきてその人に抱きついてゲロだらけの口を容赦なくふいていたそうな。恐ろしい・・・。後は仲の良い友人がトイレでパンツが半分出ながら便器にうずくまっている僕の写真を撮っておいてくれたらしく後日見せてくれました。そして朝まで僕一人お店のトイレで放置プレイでした。みんな帰りました。本当に良い友人達です。その後は2日くらい気持ちが悪かったです。
あと先月は下北沢に住んでいた時にバイトしていたと○鉄のバイト友達送別会があったので行ってきました。そこでは適度に飲みました。その後マージャン大会が始まりました。結果ですか?僕の大勝ちでした。まるでマージャンをするためだけに生まれてきたかのように勝ちまくりました。その飲み会の主役の人からも容赦なく勝ちまくってやりました。勝負の世界は厳しいのです。ということで皆さん、お酒は適度に飲むと良いようです。
[PR]
by tjimahensyutyo | 2006-11-29 22:41 | ・T島の日記
「交渉人・真下正義」 主演 ユースケ・サンタマリア
「逃亡者・木島丈一郎」 主演 寺島進
「容疑者・室井慎次」 主演 柳葉敏郎
「弁護士・灰島秀樹」 主演 八嶋智人

いや~ずいぶん前にこの放送やっていたのですがね。書くことがたくさんありすぎて後回しにしていたらこんなに遅くなってしまいました。10月中に続けて放送されていた映画&ドラマです。交渉人・真下とと容疑者・室井は映画で逃亡者・木島と弁護士・灰島はドラマです。まあはっきり言うとドラマの方がおもしろかったです。逃亡者・木島は交渉人・真下の作品中から、弁護士・灰島は容疑者・室井からそれぞれ発生したキャラクターです。
逃亡者(以下略)は昭和のにおいがしてなかなか楽しめました。ちょっとおバカな警察(やたらと取り逃がしてしまう)が気になりましたが、木島の男気あふれる感じが現代には足りないと思うので新鮮な気持ちで見れました。
そして一番おもしろかったのが弁護士です。まあ僕は元々うんちくや理屈が多い性格なので弁護士ものはいつも好きなのです。話は変わりますが、僕の脳みそを分析すると「右左脳」だということがわかりました。どういうことかというと「右脳でインプットして左脳でアウトプットする」ということです。つまり記憶するときは右脳の映像や音で記憶し、説明するときは左脳でロジカルな言葉や細かい特長などで説明するということです。確かに僕はどうでもいい昔のことを覚えていたりします。例えば「あの時の服の色黒だったよね」「あの時困った顔してたよね」「5年2組のクラスの席順前から全部覚えてるよ」などです。しかし人の話はあまり覚えていない・・・。あやhり右脳で記憶しているのでしょう。話は脱線しましたが弁護士という仕事、相手の言い分を予測し、それに反論できる話や証拠を用意し、自分を有利な方向に進める。僕にはそれがかっこよく見えます。灰島は始めはお金のことしか頭にない嫌な弁護士でしたがだんだんとそれが変わっていき、そして最後に現実的な妥協策を持ち出して勝利する。
でもやっぱり一番好きなのは青島ですけどね。僕は現在も青島の緑ジャンパーを着ています。
[PR]
by tjimahensyutyo | 2006-11-27 22:48 | ・T島の映画
昨日は地元の友人と遊んできました。プロ野球の西武ライオンズの「ファン感謝の集い」に所沢にあるインボイス西武球場まで行ってきました。一年間応援してくれたファンへ選手達がいろいろサービスをしてくれるというイベントでなかなか盛り上がりました。例えば、一緒にキャッチボールをしたり選手のトークショーがあったり紅白戦があったり。僕は特に西武ファンではありませんが楽しめました。新聞にも載ってましたが松坂投手の挨拶も生で見ました。
中でも僕が一番楽しかったのがチアガールのイベントです。小さいステージの上で踊ったりトークがあったりともう興奮しまくりでした。当然前のほうには秋葉系の人達が高級カメラを片手に陣取りながら奇声を上げていました。僕もそれに加わりたいのを必死に抑えながら少し離れたところで「俺は違う」と自分に言い聞かせながら見ていました。一緒にいた友人は僕を見て
「あんたも同じ秋葉系だよ」と教えてくれました。
その後はみんなで卓球大会をやってきました。腕には自信がありましたが勝てませんでした。大口叩いてすみませんでした。
b0062013_22103175.jpg
b0062013_2217525.jpg
[PR]
by tjimahensyutyo | 2006-11-24 22:10 | ・T島の日記
★★★☆☆
監督 マーク・ライデル
出演 メル・ギブソン、シシー・スペイセク

川の近くに住んでいる家族(ギブソンとスペイセクと子供二人)がたびたびの川の洪水にも負けずに一生懸命に生きていくという話。お金がなく出稼ぎに行ったり、元彼がそこの町にダムを建設しようとしている主任で追い出そうとしてきたりといろいろな困難にも負けずに家族が協力しあって生きていきます。という具合に特にアクションがあるとか過激なシーンがあるとかではありませんが感動させてくれる作品です。まあ逆に言えば困難があるからこそ家族って一つになれるんでしょうね。
感動したのはラストの川の洪水を防ぐためにギブソンの家族と数人の男達で川の横に土嚢や土を築いているところに元彼が邪魔をするためにたくさんの男達を金で雇いやってきます。その男達は土嚢を崩すように指示されますが、ギブソンの必死に土嚢を作る姿に心を動かされ、やがてみんなで一緒に土嚢を作りに協力をしだすのです。う~ん人の心を動かすのって言葉じゃないんですね。
[PR]
by tjimahensyutyo | 2006-11-24 21:36 | ・T島の映画
いや~昨日は夜勤で働いてきました。サティでの商品を置く棚の設置みたいな仕事です。13時間・・・朝方は半分寝ながら働いていました。
おとといですが、僕の行きつけの春日部にある美容院に行ってきました。良い美容院を探している人、紹介しますよ。ここの店長のカットが超うまい!この美容院に行けば僕のようにかっこよくなれます。僕のようにかっこよくなりたい人はこの美容院に行きなさい。それと店長は美人です。
おとといはヘナ(植物から配合した髪に優しい成分)で髪を黒く染めた後、カットモデルとして髪を切ってもらいました。カットモデルとはこれからスタイリストとしてデビューするアシスタントの子に練習として髪を切ってもらうことです。アシスタントの女の子はMちゃん。とても笑顔がかわいいです。そして一生懸命僕の髪を切ってくれました。思ったよりもうまく出来たと思います。将来は立派なスタイリストさんになってくれると思います。
ということでカットモデルやりたいという人は僕まで連絡ください。待ってまーす。
[PR]
by tjimahensyutyo | 2006-11-22 21:50 | ・T島の日記
突然ですが新しいビジネスを始めようと思っています。そう僕は突然が大好きなのです。突然の告白、突然の退社、突然の飲み会の誘い。突然は突然やってきます。これ名言ですね。
今回は新しいビジネス。英語で言うならニュービジネス。突然ですが一緒にやる人を探しています。何をやるかと言うとMLM(マルチレベルマーケティング)です。難しそうに聞こえますが、簡単に言えば口コミで商品を売るということです。会社は「ニュースキン」という会社です。どのような仕事をするかというと、僕と一緒にニュースキンと商品を周りの人達に伝えて行くという仕事です。そして僕達と同じように伝える人が増えるにしたがって僕らのグループ(仲間)の人数が増え、売上が上がり、そして収入が増えるということになります。そして一度大きくなったグループからの収入は半永久的に入ってくるということです。半年で350万円稼いでいるという人もいます。
ここで大事なのは商品はどうなのか?ということです。商品の良さは間違いないと思います。データ、そして使っている人の体験談。どれもリアルなものです。
現代は大変体に悪いものが氾濫しています。コマーシャル、そしてニュースにより気づかないうちに体に悪い商品を勧められ使っていることも少なくありません。その結果病気を引き起こしてしまう。大切なのは予防をすることです。ニュースキンでは体に無害な商品しか扱っていません。サプリメントから日用品のシャンプーまで幅広いです。あくまで副業ということでやっていきます。ぜひ一緒にやりましょう。
[PR]
by tjimahensyutyo | 2006-11-19 23:25 | ・T島の日記
★★★☆☆
監督 ジェームズ・ワン
出演 ケイリー・エルウィズ、リー・ワネル

目が覚めたら、密室のバスタブ?で鎖につながれ、反対側に同じ状況の男がいてその間に血まみれの男が倒れている。考えただけで恐ろしいです。そして残酷な場面が多いです。生き残るためには、自分を傷つけて何か(例えば鍵とか)を得るとか常に死を感じさせます。そりゃそうですけどね。監禁されて犯人の指示に従わなければいけないのですから。そして犯人は普段意識することのない「生」を感じさせようとゲームとして監禁した人達に何かをさせるのです。・・・恐ろしい。しかし死をかけて何かをするということで「生」を意識するという面もあると思います。
ラストは「おおー」という終わり方をしてくれるので最後まで目が離せないと思います。
[PR]
by tjimahensyutyo | 2006-11-19 23:17 | ・T島の映画
2ヶ月くらい前に風邪を引きました。そのときからずっと鼻の調子が悪く鼻声が続いています。3週間くらい前にさらに鼻の調子が悪くなり鼻声がひどくなりました。そして10日くらい前に左耳の聞こえが悪くなりました。そのため自分の声が鼻声でおかしいのか自分の耳の聞こえ方が悪く自分の声が鼻声に聞こえるのか?どっちなんだとずっと思い続けていました。1週間くらい前から左耳の中でごろごろという音がし、ふさがっているような感じがし、「キーン」という音が聞こえるようになりました。このブログを書いている今も「キーン」という音がしています。しょうがないので耳鼻科に行き、耳垢をとってもらうかと今日行ってきたのですが・・・中耳炎でした。小学校のときは中耳炎になる人多かったよね?僕はたぶん初めてだと想います。
薬をもらってきて治ればそれで終わりなのですが、治らなかったら・・・手術です。恐ろしい。僕は痛いたのが会社の面接よりも苦手です。手術は嫌だ~。手術と早口で10回言ってみてください。噛まなかったひとにはバナナを1本プレゼントします。
皆さん耳を大切に。
[PR]
by tjimahensyutyo | 2006-11-18 23:57 | ・T島の日記
★★★★☆
監督 ジョン・ダール
出演 ポール・ウォーカー、スティーヴ・ザーン

いや~何気なく見ていたんですが、話が進んで行くうちにぐいぐいストーリーに引き込まれていきました。おもしろかったです。そして恐かった。つい「早く逃げて!」とテレビに向かって声をかけている自分がいました。
ストーリーは二人の兄弟が車の無線を使い、トラックの運転手をからかったらそのトラックに追いかけまくられるといういたってシンプルなものです。しかしその追いかけ方が異様に恐い。まずは車に乗っていたらいつの間にかトラックで後ろにつかれていてどこまでも追いかけられる。ホテルに入ったら入ったで電話がなり、監視されている。あげくには人質をとられやられたい放題。最期まで犯人の顔を出さないというのも恐さを増加させました。
深夜知らないトラックに追いかけられたら・・・話がリアルだったのでより恐怖があったのだと思います。皆さんも人をからかうのはほどほどにしましょう。
[PR]
by tjimahensyutyo | 2006-11-18 23:56 | ・T島の映画
9点
僕は昔からの野球ゲームファンです。つまり皆さんご存知のファミスタからです。1986年にファミスタが発売されてから2006年で20周年になります。ファミスタからリアルな野球ゲームへと進化をとげました。操作はファミスタよりも難しくなっていますが、打ち方や球種、選手のデータまでこと細かく設定されているのでゲームのシステムを覚えれば大変やりがいがあります。ただ1試合終わるのに1時間近くかかるのはちと長いかなと。
[PR]
by tjimahensyutyo | 2006-11-17 23:43 | ・T島のゲーム