愛犬のりちゃん↑T島紹介は↓


by Tjimahensyutyo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2007年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧

監督 佐藤順一
制作 GDH
声優 広橋涼、大原さやか

b0062013_2256016.jpgこのアニメ最高です。感動します!なによりも体育会系の女性を愛する僕にはたまったものではありません。まさに女体育会系の主人公なんです。主人公の苗木野そらマジかわいいっす。もえるっす。声優さんもそら役にぴったりっす。
ストーリーはカレードステージを中心に繰り広げられる、サーカスのような舞台のようなエンターテインメント集団の熱い熱い熱血物語です。そらは、はじめはぜんぜん演技もできないんですけど、いつも前向きでくじけず一生懸命練習して。そしてはじめは敵だらけだった周りを少しずつ仲間にしていってしまう。さらに技術もどんどん上達していき。常に前向き。だから毎回感動するんです。前向きな人って素晴らしいです。
なぜそらはこんなにもがんばるのか?それは、「カレードステージを最高のものにしたい!」そして「お客さんから最高の喝采をもらいたい!」この二つに尽きるようです。だからがんばるんです。常に気持ちはお客さんの方に向いています。だから独りよがりでもないし、がんばれる。見ている人を感動させる。僕もこういう気持ちを持って出来る仕事を見つけたいですね。
どうすれば、そらのようにきちんとしたぶれない自分軸を持てるんだろう?
カレイドスターは毎回題名が「○○すごい○○」という形で「すごい」とつくのがおもしろいです。2003年TV放送してまして、全51話です。ぜひDVD借りて見てください。
[PR]
by tjimahensyutyo | 2007-08-31 23:05 | ・T島のマンガ
b0062013_034628.jpgこの中国人女性知ってます?韓雪(ハン・シュエ)さんです。歌手の中孝介さんと日中交流年のデュエット曲、『言葉はいらない』を歌っています。知ってますか?
しかし美人ですね・・・
[PR]
by tjimahensyutyo | 2007-08-31 00:37 | ・T島の日記
b0062013_14484027.jpg昨日、秋葉原で行われているイベントで東京アニメアワードフィルムフェスティバル6に行ってきました。
このイベントは、過去1年間に国内で放送・上映・販売されたアニメーション作品から優れた作品を選定する「ノミネート作品」、そして新しい才能・人材発掘の場として全世界から広くアニメーション作品の一般公募を行う「公募作品」の2種類があり、選ばれた作品を秋葉原のUDXという建物で無料放映されるというものです。
アニメーションオブザイヤーに選ばれたのは、偶然にも僕がつい最近見た映画「時をかける少女」です。素晴らしい作品なのでやっぱりという感じです。建物の中ではグッズが売っていたり、カードゲームで対戦する場所が設けられていたりしました。僕は、一般人の公募作品をいくつかと劇場映画部門 優秀作品賞に選ばれた「パプリカ」という映画を見てきました。一般人の公募作品は妙にきちんとまとめられている感があり、もっとインパクトのあるエッジのきいた作品にしたらいいのになぁという感想を持ちました。そして「パプリカ」・・・

★★★★★
監督 今敏
制作 マッドハウス
声優 林原めぐみ 、古谷徹 、江守徹
b0062013_1511681.jpgこの作品も素晴らしいです。2時間ずっと見入ってしまいました。ストーリーは簡単に言うと夢の中を中心に
進んでいきます。なのでけっこう何でもありです。その何でもありの感じをクオリティの高い映像で表現しているところがすごいです。マッドハウスさすが!パプリカというのは主人公の女性(かわいい!)がDCミニという機会を使い相手の夢の中に登場するときに出てくる女性です。主人公と違い、なかなか活発な性格をしています。適の夢の中のパレードの映像がきれいです。
最後のほうは、夢の中の世界と現実の世界がごっちゃになり、どうなるのかハラハラドキドキします。
でも夢って不思議ですよね。ほとんど会ってない人が突然夢の中に出てきて、「何でだろう?」と思うこともあるし。僕は比較的、会社の夢を良く見ます。それもだいたい何かのトラブルがあったり、怒られていたり、それを何とか隠そうとあせっていたり。・・・病んでますね。
[PR]
by tjimahensyutyo | 2007-08-26 14:59 | ・T島の映画

8月24日 3年前の俺

パソコンの中を整理していましたらおもしろいものが出てきましたのでご披露いたします。3年ほど前で僕がコンサルタントの仕事をしていたときに書いたファイルで、「夢、目標、計画の大切さ」という題名の文章です。当時いろいろ悩んでいた僕に、社長が書けと命じ、それで一生懸命考えて思ったことをそのまま書いた記憶があります。他にもたくさん笑えるものが出てきたのですが、これが一番良い内容だと思ったのでこれを載せることにしました。当時の原文そのままです。
3年ほど前の僕です。なかなか良い写真うつりです。
b0062013_0381626.jpg

「夢・目標・計画の大切さについて」

夢を持つことと考えると、自分の夢は、小学生までは、プロ野球の選手になることだった。中学に入り、野球部に入ったが、先輩が怖かったのと先生が怖かったので、夢よりも、いかに怒られないようにするかということばかり考えていた。練習も厳しかったので、休みたい休みたいと思うような、弱い心の持ち主だった。中学三年になっても、要領よく、野球をやっていたので、当然プロ野球の選手になるという夢は忘れていた。毎日の生活しか考えていなかった。そして当たり前のように高校にいくものだと思い、高校に進学。高校では、野球部が強かったので、またしごかれるのがいやだったので、楽な部活はないか?と考え(なぜか必ず部活には入ろうと決めていた)ゴルフ部に入部した。練習当初は、結構燃えていたが、先輩に反抗したり、先生に反抗したりで、段々とやる気がなくなってきてしまった。夢としてもプロゴルファーになってもいいかな、程度のものだったので、毎日の練習がつまらなくなったので、高校二年のときに退部した。顧問の先生は「やめないで最後までやったほうがいい」と言ってくれたのだが、聞く耳を持たなかった。今考えるとやめなければ良かったと思う。この頃までに、少しでも、自分にとっていやなことがあるとすぐにやめるという癖がついていた。ほとんどの習い事は、初めだけ楽しんですぐにやめてしまっている。(水泳、習字、塾、ゴルフ部、などなど)

なぜ途中でやめてしまうのか?と考えると、自分に一番かけているものが、根気であると思う。根気がないために、自分に甘く、つらいことがあると「やめた」とすぐになってしまう。がんばったその先に何があるのかがわからない。つまりがんばる先のものが見えていないのだと思う。そして、その先にあるものが夢なのだと思う。スポーツ選手であれば、夢として○○大会優勝、オリンピック出場など、そういったものがあるから、厳しい練習にも耐えることが出来るのだと思う。誰も好き好んで厳しい練習はしたくないはずだ。しかしその先に自分の手に入れたいものや、その先のものが見えていることで今をがんばれる。女子バレーの選手たちもがんばっている。それはオリンピックという夢があるからだ。キャプテンの吉原は、絶えず選手たちに「私たちが目指すものはオリンピックでの金メダルだ」という高い目標を言い続けた。確かにそうだ。その夢が強ければ強いほど厳しいことでもがんばれる。なぜなら、今の厳しい練習をすることによって「少しでも夢を手に入れることに近づいている」と思えるからである。

そう考えると夢をもつということは大切である。しかし、店を持っている美容院オーナーで新たに夢持つというのは、どうなのか?美容院オーナーはある意味、自分の店を持ったことで夢の一つは実現していると考えられる。夢として自分の店を持つだとしたらその後はどうなるのか?ここで目標と言う言葉になる気がする。そもそも夢と目標とはどう違うのか?
夢というとかなり先に出来たらいいなと言う感じがするが、目標というと近くて出来るような気がする。つまり美容院オーナーに夢、もしくは目標に気づいてもらい、その先の展望を見せることでがんばろうという気になってもらう必要がある。

夢・目標は大切かと考えると、大切だと思う。しかしなくても生きていける。ただ毎日ぼんやりと仕事をし、家に帰り自分の趣味や遊びをし、またその趣味や遊びのお金を稼ぐため、暮らしていくためのお金が必要なので仕事をする。こういった暮らしをしている人は、夢や目標というものは持っていないと思う。この人が不幸せかというと、私はそうは思わない。こういう人は世の中にたくさんいるし、楽でいいと思う。私もこういう生活は好きだ。フリーター時代はこういう生活をしていた。
でも私は「このままの生活ではいけない」と思った。理由は、いろいろあるが、充実感を味わいたい、社会に出て、バリバリ働く男になりたい、周りの同級生に負けていられない、親、親戚、お世話になった人たちに今の自分が恥ずかしくない自分でいたい、お金がもっとほしい、人としてもっと成長したいなどである。

夢、目標は大切である。なぜ大切なのか?それは、夢があったほうが楽しいからだと思う。わくわくするような気がする。私は、長いこと夢について考えていなかったし、明確な夢は持っていない。夢があったら楽しいような気がする。夢があることでがんばれることというのはたくさんあると思う。その人の輝きも違うものとなるはずである。なぜなら、夢を持っている人ともっていない人が同じ厳しい状況に置かれたときに、夢を持っている人はその厳しい状況を夢のためのステップと考えられると思うからである。夢を持っていない人は、きついからやめてしまおうという選択肢が出てくる。今までの私がそうである。将来の夢がないために、今の状況以外に考えることが出来なくなっている。そう考えると夢、目標というのは大切である。がんばれるがんばれないという瀬戸際のときに大きく影響するものである。

夢は大切だということはわかった。そこで、私の夢は何か?よく考えた結果、見えてきた。タートジャパンを大きい会社にする。これが夢である。大きい会社とは何か?従業員がたくさんいて、コンサルタントもたくさんいて、事業部がたくさんあって、若い女性もたくさんいて、みんなで楽しく同じ目標に向かって働く会社である。楽しい会社である。

夢・目標が決まれば、計画が必要である。計画がなければ、何からやっていいかわからない。計画を作り、小さな目標を作り、それをクリアしていくことで夢へとつながる。
まずは、タートジャパンを黒字化し、軌道に乗せるためにがんばるということである。黒字化することで、この先の展望が見えてくる。そのためには、自分の総合的なスキルアップ、契約への執着心、覚悟を持つこと、やると決めたら必ず実効する、いろいろやらなければいけないことがたくさんだ。
がんばるだけでなく、成果を出し、タートジャパンを大きい会社にしたいと思う。
[PR]
by tjimahensyutyo | 2007-08-25 00:42 | ・T島の日記
★★★★★
監督 細田守
声優 仲里依紗 、石田卓也 、板倉光隆

b0062013_1494611.jpg泣けます。そして笑らえます。いい映画を見たなぁという気持ちになりました。切ないシーンがたくさんです。子供のころの男女の友情に恋愛感情が入り、その関係が崩れるのが恐くて・・・みたいなシーンが胸がいっぱいになります。できることなら僕もタイムリープして高校生に戻りたい!と強く思いました。そしてこのような物語を生きたかった。僕の高校時代はダークだったので・・・もっと素直に自分を出していればなぁと思わせてくれました。僕もタイムリープしてやりなおしてぇ~!
真琴のどうでもいいことで何度もタイムリープ(過去に戻ること)してごろごろ転がるところがかわいくて笑えます。友達が事故に合いそうになり真琴が泣きながら追いかけ、そして転んでしまい、血だらけになりながら「(時間)止まれ~」と叫んだシーンは泣きそうになりました。ラストの両思いなのにお別れしなければいけないシーンは胸がいっぱいになります。しかしその別れを通して少女(真琴)は大人になったようなそんな雰囲気になっていました。
とにかく素晴らしい映画です。
[PR]
by tjimahensyutyo | 2007-08-22 14:15 | ・T島の映画
★★☆☆☆
監督 押井守
原作 士郎正宗
制作 プロダクション I .G
声優 田中敦子(少佐こと草薙素子)、大塚明夫(バドー)、山寺宏一(トグサ)

b0062013_1646749.jpgまたしても押井ワールド全快です。前作「GHOSTINTHESHELL 攻殻機動隊」の続編ということになっていますがどうなんでしょう?前作の主人公でもある素子が登場するのはほんの少しで、今作の主人公はバドーとバドーがかっている犬のようでした。全体的にのんびりと話が進んでいきます。なにやら不思議な世界観です。ビジュアルがすごいきれい!とわかる人は驚くのかもしれませんが、僕にはそういう美的センスがありません。やっぱりもっとアクションシーンが見たかったです。
[PR]
by tjimahensyutyo | 2007-08-21 16:45 | ・T島の映画
★★★☆☆
監督 押井守
制作 Production I.G
原作 士郎正宗
声優 田中敦子(少佐こと草薙素子)、大塚明夫(バドー)、山寺宏一(トグサ)

b0062013_16283245.jpg押井ワールドですね。全快です。世界観を理解するのに時間がかかります。じょじょにわかってくる感じです。近未来の話で全てがネットに覆われていて、サイボーグが登場したり僕の頭では半分も理解できていないかもしれません。押井監督自身も「内容をすぐにわかってもらおうと思っていない」というほど深いストーリーになっています。僕個人的には単純明快な話が好きなんですけどね。ラストの終わり方も観客に彼女は天使か悪魔かと二つの選ばせ方をしていておもしろいと思いました。
世界的にも有名な作品なので見て損はないと思います。
[PR]
by tjimahensyutyo | 2007-08-21 16:34 | ・T島の映画
昨日河口湖まで遊びに行ってきました。何か自然を感じたかったんです(注:病んでません)。やっぱり緑がいいですね。今まででしたら、海と山どっちが好き?という永遠のテーマでもある質問をされたときはすぐに「海!」と答えていたのですが、最近は山もいいなぁと思います。と同時に湖も好きです。名前はほとんど覚えていませんが、僕はけっこういろいろな湖に行ったことがあります。
河口湖は周辺を山に囲まれていて自然の多い湖です。そして・・・特にやることがありません。まあのんびりするのがいいのでしょう。僕は芝生に座り、湖を見ながら、半分寝ていました。あとはやっぱりボートですね。アヒルのボートかと思いきや、クジラのボートでした。足でこぐやつです。風に流されながら楽しみました。
しかし帰りが超渋滞。5時間くらいかかりました。僕は車の運転をしていたのですが、半分寝ながら運転していました。僕の数多くある特技の一つです。
皆さん休日は自然のあるところに行きましょう。
写真はボートの中の僕です。
b0062013_21174872.jpg
[PR]
by tjimahensyutyo | 2007-08-20 21:16 | ・T島の日記
いや~夏の祭典!日本の国技!コミケに行って参りました。ひとことでコミケを表現するなら・・・コスプレ最高!!です。あと人多し。ギザモユルス。
キターーーーーーーーーーーーー
はぁはぁ。
コミケとは夏と冬に盛大に行われているオタク達のお祭りです。同人誌(自分で好きなアニメのパロディを描いた雑誌)が売っていたり、展示場にアニメ会社のブースが出ていて、作品のチラシを配ったり、宣伝をしたりと、とにかくアニメずくしです。僕自身漫画は好きなんですがそこまでアニメは好きではないのですが、仕事の関係もあり、今回行ってきました。現場は慣れるとなかなか心地良いものです。そしてとにかくコスプレイヤーがたくさんいます。みんなおもいおもいのキャラクターにコスプレしています。はじめは「すげぇ。なんだこりゃ」と思って見ていたのですが、慣れてくると違和感がまったくなくなるのはなぜでしょうか?
キターーーーーーーーーーーーーーーーー
はぁはぁ。
僕個人的には涼宮ハルヒのコスプレが良かったです。写真右。
ぜひ皆さんもコミケ行ってみてください。明日までやっております。東京ビックサイトです。みんなからパワーをもらえます。はぁはぁ
「みんなオラに元気を少しずつ分けてくれ~」
キターーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーb0062013_23295196.jpgb0062013_2329223.jpg
[PR]
by tjimahensyutyo | 2007-08-18 23:30 | ・T島の日記
とうとうおととい出会いました。いつ出会うのかとドキドキしていたのですが、とうとう出会いがありましたよ。運命の出会いってこのことを言うんでしょうね。出会った瞬間に「これだ!」と思いました。動きが止まったほどです。もちろん心臓はドキドキです。ではどんなこの夏どんな出会いをしたのか皆さんにお教えいたしましょう。
いつものように僕は自宅でお風呂に入っていました。夏は暑いので湯船にお湯はためずにシャワーだけです。体を洗い終わり、頭も洗い終わり、次は洗顔するかというそのときです。何かの視線を感じ、ぱっと前を見ました。すると・・・そこに・・・いました。そう奴です。黒いあいつです!!壁にぴたっと止まっているではあ~りませんか(チャーリー浜ふう)。しかもでかい!僕の動きは完全に止まりました。そしてすかさず叫びました。
T島「お母さん~」
母親(イライラした感じで)「何?」
T「大至急来て!」
母「だから何!」
T「いいから来て。ゴキブリがいるから!」(ほぼ半べそ状態)
母「自分でつぶしなさい!」
T「無理!」(即答です)
母「ったく!」
と言いつつ新聞紙を持ってこちらへいらっしゃいました。
僕はすかさず風呂から出て後は母親に全てをまかせようと重要な決断をしました。
母「殺虫スプレーそこにあるでしょ?」
殺虫スプレーをとり、渡そうとするとなんとスプレーのふたがついてなくて、全く使えない状態でした。僕は心の中で「何でふたついてね~んだよ?」と思いましたが無言でいました。
数分後仕事を終えた母親が風呂場から出てきました。本当に母親って頼りになりますね。僕ですか?だらしがない?僕は極度の虫嫌いなんです。ごめんなさい。
しかし僕の風呂中に現れたゴキブリに僕は怒りが収まらず(だったらお前がつぶせよ!)、風呂を出た後に誰かに怒りをぶつけたくなり、母親に
T「何で殺虫スプレーのふたがついてないんだよ!」
母「・・・」
T「ずさんな管理体制が露呈されたな!」
母「だったらあんたが素手でつぶしなさい!!」
T「・・・ふっ」

それにしてもかなりの恐怖体験でした。今思い出してもあ~恐ろしい・・・
[PR]
by tjimahensyutyo | 2007-08-16 20:52 | ・T島の日記