愛犬のりちゃん↑T島紹介は↓


by Tjimahensyutyo
カレンダー

<   2007年 10月 ( 20 )   > この月の画像一覧

(小学生、中学生のときに流行ったこと)
・ズボンぬがし
小学生のときってジャージをはいている人が多かったんです。で・・・いきなりバッとぬがす。ひどいときは足首まで一気に。みんなかわいいブリーフ。好きな女の子の前でやられたらかなりのダメージです。でも慣れてくると脱がされても平気になってくるという・・・
・屁の臭いをかがす
座っている友達のところまでわざわざ行って尻を相手の顔の目の前にかまえ、「ビッ!」みたいな感じです。それか手に屁を握りこませ、顔の前ではなつ。みんな慣れてくると尻が顔の前に来る前に警戒して逃げ出すのでにぎりっぺのほうが効果的になってきます。ちなみに僕の屁はやばいくらいくさくて有名でした。
・リコーダーの口をつけているところの臭いをかがす
臭いをかがすのが多いですが、これもかがされるとかなりのダメージをうけます。なぜなら超くさいから。ずっとくちをつけて音楽の時間に吹いているんですからそりゃ~くさい。それもむかつく臭いがします。これを一人を押さえつけて鼻のところに持っていき、長い時間待つ。空気を止めていてもいずれ吸いますから。そのときが地獄です。ちなみに僕のリコーダーの臭いはやばいくらいくさい。
他にも
・突然ビンタする
・意味もなく人を触る(これ俺の癖ね)
・格闘技をする(後頭部にけりが入ったら勝ち)
・習字の時間は特に危険(墨使いますからね・・・)
・掃除の時間は野球
・自習の時間も野球(もちろんホウキがバット、ボールは雑巾か卓球球)
・でも体育の時間は静か(先生が恐かった・・・)
・当然学校ではう○こはできない。なのでやむおえずするときは、5階の音楽室がある誰もこないようなトイレでする
・なぜかう○こが服についてしまった人を、う○こがついてるかどうか確かめるために必死で追い回す(自宅まで行きました)
などなどバカなことばかりしていました。皆さんも同じような感じですよね。当時はどうでもいいことに異常に盛り上がっていて楽しかったです。
[PR]
by tjimahensyutyo | 2007-10-31 21:01 | ・T島の日記
28日の日曜日に田園調布にあるスタジオにて写真の撮影をしてまいりました。田園調布ってなんかいいところですね。駅前の優雅さというか、住宅は立派なのが多いし。駅前で募金活動していた高校生があまりに純粋そうだったのでつい募金してしまいました(俺が不純だわ)。もちろん今回の撮影は某雑誌の広告用の撮影です。モデルのコスプレイヤーの女の子を洋館風のスタジオで撮影しました。カメラマン、メイクさんにまじって僕も仕事をしました。主に雑用ね。お昼ごはんの注文やその後の片付け、荷物運び・・・でもこの仕事だってとても大切な仕事だい!とてもよい経験をさせてもらいました。でも女性ってメイクでだいぶ変わりますね。写真と実物は、両方魅力的だと思いますが、だいぶ違います。
今回のモデルの女性はコスプレイヤーといってアニメなどのコスプレが趣味の方です。普段聞けないような話も聞けて楽しかったです。
それと13日発売の某雑誌(発売日が近くなったらご報告します)に掲載予定なのですが、この広告の記事はなんと編集長T島が書いております。本職でもとうとう編集長デビューです。僕がモデルの女の子にインタビューをしてそれを編集して記事にしております。もちろんこれからかなり修正されると思いますけどね。
b0062013_2292038.jpg
[PR]
by tjimahensyutyo | 2007-10-30 22:09 | ・T島の日記
b0062013_2338690.jpgいや~かっぱ寿司行ってきました。僕の一番好きな食べ物はご存知の通り寿司です。若いときは(今も若いけどね!)やっぱり焼肉でしたけど、ここ数年は寿司です。そんでもちろんお金あんまり持ってないから「かっぱ寿司」。一皿100円ナリ。味もうまいと思います。月に1、2回は食べにいくほどです。
そんで今日行ってきたんですが・・・なんと回転のシステムが変わっていたのです。以前は普通の回転レーンに寿司が流れていて、ほしいのが流れていないときは注文ボタンを押して、声で注文して、その注文したネタは回転レーンで流れてくるというものでした。今回新しくなったシステムは、タッチパネル。21世紀を感じます。そうでもない?食べたいネタをそのパネルで選び、タッチして注文するのです。こういうことって他の居酒屋などでも見ましたが、かっぱ寿司の良い点は、画面がごちゃごちゃしていない!そして読み込み時間が短い。わかりやすくめんどくさくないのです。お客さんの視点に立っているということが伝わってきました。これがめんどくさかったら今までのほうがいいでしょと思いますからね。さらにおもしろいのが通常の回転寿司が流れているレーンがあってその上にもう一つレーンが作られたのです。その新しいレーンを注文したネタだけが流れてくるのです。流れてくるというよりも滑ってくる?特急レーンという名前のようです。それも新幹線にのってネタが流れてくるのでなんかうれしくなってしまいます。かっぱ寿司、なかなかユーモアがあります。
ただこの新システムが大丈夫かな?と思ったのが、注文したネタが通常の回転レーンと違うレーンで流れてくるので、通常のレーンで流れてくるネタを見ることが少なくなるのではないかなぁということです。今までだったらレーンが一つしかなかったので注文した商品を待ちながらもレーンを流れているネタを見ているのでついとってしまったりということもありました。つまり回転寿司なのにやたらと注文ばっかりする客が増える→回転レーンのネタが新鮮なのが少なくなる→回転寿司じゃねーべ→回転レーンのネタがかぴって食べれなくなりよけいなコストがかかる。・・・なんてことにならないか。
[PR]
by tjimahensyutyo | 2007-10-27 23:43 | ・T島の日記
b0062013_155063.jpg
★★★★★
監督 ツイ・ハーク
出演 ジェット・リー、ロザムンド・クワン、ドニー・イェン
僕の好きな映画ベスト3に入る作品です。すっごいおもしろい。カンフー好きな人にはね。アクションアクションの連発です。リーがマジかっこいい。彼は実在した中国の英雄ウォン・フェイホンを演じています。このシリーズにより、リー=ウォンというくらいキャラがマッチしていると思います。実在したウォンは武術家であり医者でもありました。そうとう武術が強かったことで有名でした。数多くの弟子を輩出しています。
時代は中国清の時代の末期。混沌とした時代です。中国にたくさんの外国からの圧力がかかってきていた時代です。そんな中、内容のない宗教が流行り、外国人を殺せと暴れている。ウォンは外国の知識も入れなければいけないと思っていたので、白蓮教というその宗教団体と闘います。これがまたかっこいいんだわ。付き人一人と乗り込んでいき、ばったばったと倒していきます。僕の大好きなシーンです。それとラストの提督役のドニー・イェンとの戦い。最高です。ドニーとリーの棍棒を使ったアクションはマジですんげー早い。当時中学生のときにこの映画を友達と見に行った僕は感動しまくり、学校の掃除の時間などでホウキを棍棒に見立てて遊んでいました。でこのドニーという人もすごい人です。最近ハリウッド映画などにも進出していますが格闘技にたけている方です。リーとドニーが競演して戦っているというところにすごさを感じます。ちなみにジャッキーチェン主演の映画「シャンハイ・ナイト」でジャッキーとドニーが初競演したことでも話題をよびました。
この映画見た後自分が強くなったような錯覚におちいります。写真はドニーとリーが戦っているところです。
[PR]
by tjimahensyutyo | 2007-10-27 15:06 | ・T島の映画
b0062013_2224538.jpgいや~今週は仕事が忙しかったです。あまり毎スペを更新できず申し訳ありませんでした。この本もけっこう前に読んだんですけどね。来週は「ちょっと笑える話part2」をお送りしたいと思っています。
この本の作者櫻川さんは非常に働いている人数の少ない職業であるたいこ持ちという仕事をしています。たいこ持ちとは飲みなどの席でお客さんを盛り上げることを仕事としている人のことです。会社同士の接待や何かの集まりなどに呼ばれたりします。芸者さんと共同でお座敷を盛り上げることもあるそうです。ともあれ人間力や気配りがとても大切な職業です。その方が
「何事も笑いが大切だ」とおっしゃっているのです。嬉しいじゃありませんか。こんな殺伐とした世の中だから余計にそうなのではないかと思います。別に僕のように何か芸をして笑わせろというわけではありません。人の話をきちんと聞くことが大切だとおっしゃっています。僕のようにギャグが次から次へと湧いてくればいいんですがなかなかそうもいかないと思います。というよりも人は自分の話を聞いてくれる人を好きになります。つまり自分の心につらいことがあってもどこか笑いやゆとりを持とうということです。そうすることで他人に対する気配りをする余裕も生まれるのではないでしょうか。
・・・今週は日曜日も仕事です。ちょっと変わったところに行ってきます。
[PR]
by tjimahensyutyo | 2007-10-26 22:34 | ・T島の本
★★☆☆☆
監督 フィリップ・G・アトウェル
出演 J・リー、ジェイスン・ステイサム
b0062013_17362955.jpgいや~リーのアクションはこんなものではないんですよ!この映画リーである必要性があまりわかりませんでした。予告ではリーとジェイスン(映画「トランスポーター」の主役の人)の対決的な感じでおもしろそうだと思ったんですけど。あんまり対決してない・・・映画館で途中寝ました。
ストーリーももっとシンプルがいいです。謎解きが好きな人はけっこうおもしろいと思うかも。僕の頭はシンプルに出来ているのでストーリーもシンプルがいいですね。ラストは「おお!」と思わせてくれますけど。
ジェイスンの聞き取りづらい日本語はわざわざ途中に日本語で話す意味があるのか?と感じました。あと日本人の俳優石橋凌とケインコスギが出演しています。ケインはなぜかちょい役。
僕としてはもっと派手なアクションを期待していたのです。
[PR]
by tjimahensyutyo | 2007-10-21 17:41 | ・T島の映画
b0062013_21514980.jpg今日はのりちゃんの誕生日です。というよりも15年前弟が公園で拾ってきた日でもあります。
思い出すのが僕が中学1年のときです。子犬だったのりちゃんは一人でよく外で散歩していました(というよりも放置)。野球部に入っていた僕は休日に練習のため自転車で練習場へ向かっていたらなんと後ろからのりちゃんが一生懸命走ってついてきているのです!野球部で先輩は恐かったので遅刻など出来ないので走ってついてくるのりちゃんに向かってシッシとやっていたのですがしばらくついてきました。しょうがなく、母親に電話して来てもらおうとしたらいつまでたっても来ない。母親は間違って別の場所へ行っていたようです。やむおえずのりちゃんを抱っこして家までつれて帰りました。結局遅刻したのですがあまり怒られませんでした。むしろ笑われたくらいだったのでほっとしたのを覚えています。そんなのりちゃんも15歳。あっという間ですね。
写真のソーセージはのりちゃんへの誕生日プレゼントです。
[PR]
by tjimahensyutyo | 2007-10-17 21:53 | ・T島の日記
T島ギャグシリーズ。「ちょっと笑える話」始まります。ずっと温存していた話がけっこうあります。というよりも僕の日常のアホな発言をメモしていただけなんですけどね。というよりもアホなことを言い過ぎていて(もちろん天然です)思い出そうとしても思い出せないエピソードがけっこうあります。もったいない!これからはメモします。でもそんなにおもしろいかはわかりません。ちょっと笑える話です。期待せずに見てください。
「いつかの僕と会社の上司の会話」
上司「おい。これからTBSに打ち合わせに行くぞ」
T島「はい。わかりました。あれ?日テレってTBSですよね??」
上司「・・・」
「会社の会議にて」
社長「これから販促キャンペーンで何の商品がいいか会議をやる」
T島「はい!」
上司①「それぞれ意見を出すように!」
上司②「例えば、夏場のプレゼント商品だから旅行券ペアチケットとかアウトドアで使える鍋プレゼントとかどうですか?」
T島「それいいっすね~。鍋で思いついたんですけど料理するときに使う圧縮鍋プレゼントってどうですか?」
上司②「??圧縮鍋??それ圧力鍋だろ?」
一同「・・・・・」
T島「す・すいません」
上司①「他には?」
T島「アウトドアで思いついたんですが」←懲りてない
一同「・・・・・」
T島「キャンプに行くと持ってきたジュースとかってすぐにぬるくなっちゃうじゃないですか?でもあのフリーボックスって持ってる人けっこう少ないんですよ。なのでフリーボックスプレゼントってどうですか?」
一同「?」
上司②「フリーボックスってクーラーボックスのこと?」
T島「あ、はい」
一同「・・・」

どうですか?会社内でよくある光景だと思いますが、あらためて考えると笑えませんか?くっくっく。
[PR]
by tjimahensyutyo | 2007-10-16 22:43 | ・T島のギャグ
b0062013_2324381.jpgいやいやいや。先週の土曜日はかなりハードに遊んできました。ミクシーのコミュニティの友達(友達だよね?)なんですが、ボーリング→飲み→カラオケのコースです。ふざけるときは全力投球の僕ですからなかなかアグレッシブに遊んできました。参加した人達はみんないい人だし、ノリもいいし、やさしい人達だったので気兼ねなく僕もバカをやれました。あと体中やべーわ。ボーリング効果により、腕、肩、足の付け根などいたるところが痛いです。体なまってんね・・・ビリー買おうと思います。あと驚くことに土曜日のその会で初めて会ったミクシーの人と何と今日偶然有楽町の駅で会いました。その確率ってどのくらいなんだ?どんだけぇ~。世の中ありえないことがあるからおもしろい。常識にとらわれないことが大切だと思いました。ありがとう。
写真は最近撮った我が家ののりたかくんです。年齢はもう15歳でおじいさんなので最近はずっと寝てばかりです。おまけに耳も遠くなってきて僕が呼んでも振り向いてくれません(「ご飯だよ」の声は聞こえます)。トップの画面に写ってるのりちゃんはまだ若いですね。これからものりちゃんをよろしく。そういえばのりちゃん今月の17日が誕生日です。
[PR]
by tjimahensyutyo | 2007-10-15 23:27 | ・T島の日記
b0062013_16314775.jpgこの本を読むと「世の中甘えた奴らばかりだな!」と改めて思わされます。「いるいるそんな奴!」みたいな感じです。この本は、「なんか自分に自信がない」、「世の中生き辛くてしょうがない」と考えたりしてしまう人にはぜひ読んでいただきたいです。かく言う私も作者の加藤先生には本当に助けられました。加藤先生の本に「救われた」、「そういうことだったのか!」という気づきをたくさん教えられました。ちょうど僕が高校生くらいのときですね。元々僕はそんなに生き方がうまくありません。「器用に生きてるね」と言われることがありますが、そんなことはないんです。悩みはたくさんあります。
この本では、不機嫌な人の理由だとか、自分の意見が持てないのは小さい頃からの家庭での育て方が関係しているだとか、母親の異常な愛だとか深いことがわかりやすく書かれています。
いろいろありますが、僕は「みんなもっと正直に生きりゃいいんだよ!」と思います。僕もなかなか出来ていないこともありますが、常にそう思うようにしています。また正直に生きても平気な世の中であってほしいと思います。
[PR]
by tjimahensyutyo | 2007-10-14 16:23 | ・T島の本