愛犬のりちゃん↑T島紹介は↓


by Tjimahensyutyo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
今日、仕事で千葉県の鴨川市にロケに行ってきました。「一体何の仕事をしているんだお前は?」という質問を受けることが多いですが、・・・いろいろやっております。
そしてな、な、なんと!来週13日(火)に発売される「SPA!」という週刊誌にうちの会社がプロデュースした会社の広告が載ります!どんな広告かはまだ発売されていないので言えませんがかなり素晴らしい出来となっております。ヒントはコスプレです。
話を戻します。本日は鴨川にロケに行ったのですが、カメラマンさんや関係者など多数同行するため大きめのレンタカーを借りて(俺1日運転!!)鴨川の様々な魅力的なところを撮影してきました。田舎を楽しもう的な企画です。
確かに田舎・・・楽しいです。でも帰り(17時くらい)になるともうあたりが真っ暗でした。電気がついているところが少ない・・・田舎の人達とも触れ合い、楽しい時間でした。
左の写真は、千葉で一番大きい山に太陽が沈んで行くところです。煙と太陽の光がかさなりとてもきれいでした。右の写真は超特大しいたけを林で発見し、喜んでいるT島です。顔色わり~な~。その後しいたけは焼いて食べました。激うまでした。
b0062013_23403564.jpgb0062013_23425643.jpg
[PR]
# by tjimahensyutyo | 2007-11-08 23:43 | ・T島の日記
時間がたつのが早いですね。もう11月も5日がたちました。皆さんいかがお過ごしですか?・・・うざい?こういう感じは?
先日平本さんのセミナーに行ってきました。平本さん著の「成功するのに目標はいらない」の出版セミナーです。この本が非常にためになったのでまたしても平本さんのセミナーに行ってきちゃったのです。
セミナーの内容ですがやっぱりとてもよかったです。人間には価値観型とビジョン型がある。価値観型とは今の自分のやっていることが自分の価値観に合っているかどうかをとても大切にする。ビジョン型とは将来の目標を決めてそれに突き進む。今までいろいろなところで目標を設定しろ目標を設定しろと言われてきましたが目標を設定していなくても成功している人はいるんです。漠然とそう思っていたのが平本さんの話を聞いたことによって確信に変わりました。僕は価値観型です。では僕の大切にしている価値観とは何か?・・・そこが今見えそうで見えない。そこが見えたらもう迷いません。今度は目標を設定して驀進してやります。
皆さんも自分の心の中を見つめることをしていますでしょうか?普段の忙しさにかまけて目をそむけるのはやめましょう。とっても大切なことだと思います。
[PR]
# by tjimahensyutyo | 2007-11-05 21:54 | ・T島の日記
(小学生、中学生のときに流行ったこと)
・ズボンぬがし
小学生のときってジャージをはいている人が多かったんです。で・・・いきなりバッとぬがす。ひどいときは足首まで一気に。みんなかわいいブリーフ。好きな女の子の前でやられたらかなりのダメージです。でも慣れてくると脱がされても平気になってくるという・・・
・屁の臭いをかがす
座っている友達のところまでわざわざ行って尻を相手の顔の目の前にかまえ、「ビッ!」みたいな感じです。それか手に屁を握りこませ、顔の前ではなつ。みんな慣れてくると尻が顔の前に来る前に警戒して逃げ出すのでにぎりっぺのほうが効果的になってきます。ちなみに僕の屁はやばいくらいくさくて有名でした。
・リコーダーの口をつけているところの臭いをかがす
臭いをかがすのが多いですが、これもかがされるとかなりのダメージをうけます。なぜなら超くさいから。ずっとくちをつけて音楽の時間に吹いているんですからそりゃ~くさい。それもむかつく臭いがします。これを一人を押さえつけて鼻のところに持っていき、長い時間待つ。空気を止めていてもいずれ吸いますから。そのときが地獄です。ちなみに僕のリコーダーの臭いはやばいくらいくさい。
他にも
・突然ビンタする
・意味もなく人を触る(これ俺の癖ね)
・格闘技をする(後頭部にけりが入ったら勝ち)
・習字の時間は特に危険(墨使いますからね・・・)
・掃除の時間は野球
・自習の時間も野球(もちろんホウキがバット、ボールは雑巾か卓球球)
・でも体育の時間は静か(先生が恐かった・・・)
・当然学校ではう○こはできない。なのでやむおえずするときは、5階の音楽室がある誰もこないようなトイレでする
・なぜかう○こが服についてしまった人を、う○こがついてるかどうか確かめるために必死で追い回す(自宅まで行きました)
などなどバカなことばかりしていました。皆さんも同じような感じですよね。当時はどうでもいいことに異常に盛り上がっていて楽しかったです。
[PR]
# by tjimahensyutyo | 2007-10-31 21:01 | ・T島の日記
28日の日曜日に田園調布にあるスタジオにて写真の撮影をしてまいりました。田園調布ってなんかいいところですね。駅前の優雅さというか、住宅は立派なのが多いし。駅前で募金活動していた高校生があまりに純粋そうだったのでつい募金してしまいました(俺が不純だわ)。もちろん今回の撮影は某雑誌の広告用の撮影です。モデルのコスプレイヤーの女の子を洋館風のスタジオで撮影しました。カメラマン、メイクさんにまじって僕も仕事をしました。主に雑用ね。お昼ごはんの注文やその後の片付け、荷物運び・・・でもこの仕事だってとても大切な仕事だい!とてもよい経験をさせてもらいました。でも女性ってメイクでだいぶ変わりますね。写真と実物は、両方魅力的だと思いますが、だいぶ違います。
今回のモデルの女性はコスプレイヤーといってアニメなどのコスプレが趣味の方です。普段聞けないような話も聞けて楽しかったです。
それと13日発売の某雑誌(発売日が近くなったらご報告します)に掲載予定なのですが、この広告の記事はなんと編集長T島が書いております。本職でもとうとう編集長デビューです。僕がモデルの女の子にインタビューをしてそれを編集して記事にしております。もちろんこれからかなり修正されると思いますけどね。
b0062013_2292038.jpg
[PR]
# by tjimahensyutyo | 2007-10-30 22:09 | ・T島の日記
b0062013_2338690.jpgいや~かっぱ寿司行ってきました。僕の一番好きな食べ物はご存知の通り寿司です。若いときは(今も若いけどね!)やっぱり焼肉でしたけど、ここ数年は寿司です。そんでもちろんお金あんまり持ってないから「かっぱ寿司」。一皿100円ナリ。味もうまいと思います。月に1、2回は食べにいくほどです。
そんで今日行ってきたんですが・・・なんと回転のシステムが変わっていたのです。以前は普通の回転レーンに寿司が流れていて、ほしいのが流れていないときは注文ボタンを押して、声で注文して、その注文したネタは回転レーンで流れてくるというものでした。今回新しくなったシステムは、タッチパネル。21世紀を感じます。そうでもない?食べたいネタをそのパネルで選び、タッチして注文するのです。こういうことって他の居酒屋などでも見ましたが、かっぱ寿司の良い点は、画面がごちゃごちゃしていない!そして読み込み時間が短い。わかりやすくめんどくさくないのです。お客さんの視点に立っているということが伝わってきました。これがめんどくさかったら今までのほうがいいでしょと思いますからね。さらにおもしろいのが通常の回転寿司が流れているレーンがあってその上にもう一つレーンが作られたのです。その新しいレーンを注文したネタだけが流れてくるのです。流れてくるというよりも滑ってくる?特急レーンという名前のようです。それも新幹線にのってネタが流れてくるのでなんかうれしくなってしまいます。かっぱ寿司、なかなかユーモアがあります。
ただこの新システムが大丈夫かな?と思ったのが、注文したネタが通常の回転レーンと違うレーンで流れてくるので、通常のレーンで流れてくるネタを見ることが少なくなるのではないかなぁということです。今までだったらレーンが一つしかなかったので注文した商品を待ちながらもレーンを流れているネタを見ているのでついとってしまったりということもありました。つまり回転寿司なのにやたらと注文ばっかりする客が増える→回転レーンのネタが新鮮なのが少なくなる→回転寿司じゃねーべ→回転レーンのネタがかぴって食べれなくなりよけいなコストがかかる。・・・なんてことにならないか。
[PR]
# by tjimahensyutyo | 2007-10-27 23:43 | ・T島の日記
b0062013_155063.jpg
★★★★★
監督 ツイ・ハーク
出演 ジェット・リー、ロザムンド・クワン、ドニー・イェン
僕の好きな映画ベスト3に入る作品です。すっごいおもしろい。カンフー好きな人にはね。アクションアクションの連発です。リーがマジかっこいい。彼は実在した中国の英雄ウォン・フェイホンを演じています。このシリーズにより、リー=ウォンというくらいキャラがマッチしていると思います。実在したウォンは武術家であり医者でもありました。そうとう武術が強かったことで有名でした。数多くの弟子を輩出しています。
時代は中国清の時代の末期。混沌とした時代です。中国にたくさんの外国からの圧力がかかってきていた時代です。そんな中、内容のない宗教が流行り、外国人を殺せと暴れている。ウォンは外国の知識も入れなければいけないと思っていたので、白蓮教というその宗教団体と闘います。これがまたかっこいいんだわ。付き人一人と乗り込んでいき、ばったばったと倒していきます。僕の大好きなシーンです。それとラストの提督役のドニー・イェンとの戦い。最高です。ドニーとリーの棍棒を使ったアクションはマジですんげー早い。当時中学生のときにこの映画を友達と見に行った僕は感動しまくり、学校の掃除の時間などでホウキを棍棒に見立てて遊んでいました。でこのドニーという人もすごい人です。最近ハリウッド映画などにも進出していますが格闘技にたけている方です。リーとドニーが競演して戦っているというところにすごさを感じます。ちなみにジャッキーチェン主演の映画「シャンハイ・ナイト」でジャッキーとドニーが初競演したことでも話題をよびました。
この映画見た後自分が強くなったような錯覚におちいります。写真はドニーとリーが戦っているところです。
[PR]
# by tjimahensyutyo | 2007-10-27 15:06 | ・T島の映画
b0062013_2224538.jpgいや~今週は仕事が忙しかったです。あまり毎スペを更新できず申し訳ありませんでした。この本もけっこう前に読んだんですけどね。来週は「ちょっと笑える話part2」をお送りしたいと思っています。
この本の作者櫻川さんは非常に働いている人数の少ない職業であるたいこ持ちという仕事をしています。たいこ持ちとは飲みなどの席でお客さんを盛り上げることを仕事としている人のことです。会社同士の接待や何かの集まりなどに呼ばれたりします。芸者さんと共同でお座敷を盛り上げることもあるそうです。ともあれ人間力や気配りがとても大切な職業です。その方が
「何事も笑いが大切だ」とおっしゃっているのです。嬉しいじゃありませんか。こんな殺伐とした世の中だから余計にそうなのではないかと思います。別に僕のように何か芸をして笑わせろというわけではありません。人の話をきちんと聞くことが大切だとおっしゃっています。僕のようにギャグが次から次へと湧いてくればいいんですがなかなかそうもいかないと思います。というよりも人は自分の話を聞いてくれる人を好きになります。つまり自分の心につらいことがあってもどこか笑いやゆとりを持とうということです。そうすることで他人に対する気配りをする余裕も生まれるのではないでしょうか。
・・・今週は日曜日も仕事です。ちょっと変わったところに行ってきます。
[PR]
# by tjimahensyutyo | 2007-10-26 22:34 | ・T島の本
★★☆☆☆
監督 フィリップ・G・アトウェル
出演 J・リー、ジェイスン・ステイサム
b0062013_17362955.jpgいや~リーのアクションはこんなものではないんですよ!この映画リーである必要性があまりわかりませんでした。予告ではリーとジェイスン(映画「トランスポーター」の主役の人)の対決的な感じでおもしろそうだと思ったんですけど。あんまり対決してない・・・映画館で途中寝ました。
ストーリーももっとシンプルがいいです。謎解きが好きな人はけっこうおもしろいと思うかも。僕の頭はシンプルに出来ているのでストーリーもシンプルがいいですね。ラストは「おお!」と思わせてくれますけど。
ジェイスンの聞き取りづらい日本語はわざわざ途中に日本語で話す意味があるのか?と感じました。あと日本人の俳優石橋凌とケインコスギが出演しています。ケインはなぜかちょい役。
僕としてはもっと派手なアクションを期待していたのです。
[PR]
# by tjimahensyutyo | 2007-10-21 17:41 | ・T島の映画
b0062013_21514980.jpg今日はのりちゃんの誕生日です。というよりも15年前弟が公園で拾ってきた日でもあります。
思い出すのが僕が中学1年のときです。子犬だったのりちゃんは一人でよく外で散歩していました(というよりも放置)。野球部に入っていた僕は休日に練習のため自転車で練習場へ向かっていたらなんと後ろからのりちゃんが一生懸命走ってついてきているのです!野球部で先輩は恐かったので遅刻など出来ないので走ってついてくるのりちゃんに向かってシッシとやっていたのですがしばらくついてきました。しょうがなく、母親に電話して来てもらおうとしたらいつまでたっても来ない。母親は間違って別の場所へ行っていたようです。やむおえずのりちゃんを抱っこして家までつれて帰りました。結局遅刻したのですがあまり怒られませんでした。むしろ笑われたくらいだったのでほっとしたのを覚えています。そんなのりちゃんも15歳。あっという間ですね。
写真のソーセージはのりちゃんへの誕生日プレゼントです。
[PR]
# by tjimahensyutyo | 2007-10-17 21:53 | ・T島の日記
T島ギャグシリーズ。「ちょっと笑える話」始まります。ずっと温存していた話がけっこうあります。というよりも僕の日常のアホな発言をメモしていただけなんですけどね。というよりもアホなことを言い過ぎていて(もちろん天然です)思い出そうとしても思い出せないエピソードがけっこうあります。もったいない!これからはメモします。でもそんなにおもしろいかはわかりません。ちょっと笑える話です。期待せずに見てください。
「いつかの僕と会社の上司の会話」
上司「おい。これからTBSに打ち合わせに行くぞ」
T島「はい。わかりました。あれ?日テレってTBSですよね??」
上司「・・・」
「会社の会議にて」
社長「これから販促キャンペーンで何の商品がいいか会議をやる」
T島「はい!」
上司①「それぞれ意見を出すように!」
上司②「例えば、夏場のプレゼント商品だから旅行券ペアチケットとかアウトドアで使える鍋プレゼントとかどうですか?」
T島「それいいっすね~。鍋で思いついたんですけど料理するときに使う圧縮鍋プレゼントってどうですか?」
上司②「??圧縮鍋??それ圧力鍋だろ?」
一同「・・・・・」
T島「す・すいません」
上司①「他には?」
T島「アウトドアで思いついたんですが」←懲りてない
一同「・・・・・」
T島「キャンプに行くと持ってきたジュースとかってすぐにぬるくなっちゃうじゃないですか?でもあのフリーボックスって持ってる人けっこう少ないんですよ。なのでフリーボックスプレゼントってどうですか?」
一同「?」
上司②「フリーボックスってクーラーボックスのこと?」
T島「あ、はい」
一同「・・・」

どうですか?会社内でよくある光景だと思いますが、あらためて考えると笑えませんか?くっくっく。
[PR]
# by tjimahensyutyo | 2007-10-16 22:43 | ・T島のギャグ
b0062013_2324381.jpgいやいやいや。先週の土曜日はかなりハードに遊んできました。ミクシーのコミュニティの友達(友達だよね?)なんですが、ボーリング→飲み→カラオケのコースです。ふざけるときは全力投球の僕ですからなかなかアグレッシブに遊んできました。参加した人達はみんないい人だし、ノリもいいし、やさしい人達だったので気兼ねなく僕もバカをやれました。あと体中やべーわ。ボーリング効果により、腕、肩、足の付け根などいたるところが痛いです。体なまってんね・・・ビリー買おうと思います。あと驚くことに土曜日のその会で初めて会ったミクシーの人と何と今日偶然有楽町の駅で会いました。その確率ってどのくらいなんだ?どんだけぇ~。世の中ありえないことがあるからおもしろい。常識にとらわれないことが大切だと思いました。ありがとう。
写真は最近撮った我が家ののりたかくんです。年齢はもう15歳でおじいさんなので最近はずっと寝てばかりです。おまけに耳も遠くなってきて僕が呼んでも振り向いてくれません(「ご飯だよ」の声は聞こえます)。トップの画面に写ってるのりちゃんはまだ若いですね。これからものりちゃんをよろしく。そういえばのりちゃん今月の17日が誕生日です。
[PR]
# by tjimahensyutyo | 2007-10-15 23:27 | ・T島の日記
b0062013_16314775.jpgこの本を読むと「世の中甘えた奴らばかりだな!」と改めて思わされます。「いるいるそんな奴!」みたいな感じです。この本は、「なんか自分に自信がない」、「世の中生き辛くてしょうがない」と考えたりしてしまう人にはぜひ読んでいただきたいです。かく言う私も作者の加藤先生には本当に助けられました。加藤先生の本に「救われた」、「そういうことだったのか!」という気づきをたくさん教えられました。ちょうど僕が高校生くらいのときですね。元々僕はそんなに生き方がうまくありません。「器用に生きてるね」と言われることがありますが、そんなことはないんです。悩みはたくさんあります。
この本では、不機嫌な人の理由だとか、自分の意見が持てないのは小さい頃からの家庭での育て方が関係しているだとか、母親の異常な愛だとか深いことがわかりやすく書かれています。
いろいろありますが、僕は「みんなもっと正直に生きりゃいいんだよ!」と思います。僕もなかなか出来ていないこともありますが、常にそう思うようにしています。また正直に生きても平気な世の中であってほしいと思います。
[PR]
# by tjimahensyutyo | 2007-10-14 16:23 | ・T島の本
★★★☆☆
監督 こだま兼嗣
声 高山みなみ 、山崎和佳奈 、神谷明 、茶風林
b0062013_0193413.jpgついつい先日テレビで放送されていたので見てしまいました。ミステリーなので犯人を知りたいと思い最後まで見させようとする制作側の作戦にまんまとひっかかりました。でもまあおもしろかったです。さすがコナンシリーズ!
欄?が記憶喪失になったり、警察官が次々と殺されたり、少年探偵団が活躍したり、なかなかのエンターテインメントぶりです。夢があっていいですね。
そろそろ見だめしていた映画の記事も終わります。来週からはT島のギャグなどもご紹介していく予定でごわす。
[PR]
# by tjimahensyutyo | 2007-10-12 00:24 | ・T島の映画
★★★☆☆
監督 ツイ・ハーク
出演 ジェット・リー 、ロザマンド・クワン 、ユン・ピョウ
b0062013_23165660.jpg時代はジェット・リーです。ジェット・リー主演最新映画「ローグアサシン」先週から公開されています。僕は来週見に行ってきます。
この映画のときの名前はジェット・リーの名前はリー・リンチェイです。僕はこの作品の続編にあたる天地大乱という作品を中学3年のときに映画館でみて(ジャッキーチェン主演のポリスストーリーを見に行ったときに一緒に見れたんです。当時は2作品一緒に公開とかやってましたよね)一気にリーのファンになってしまいました。中学校でもリーの棍棒を使った技(敵の足元をコンコンコンコン叩く感じの技)を掃除の時間などにホウキで友達とやりあっていました。リーのアクションはとてもインパクトがありました。ジャッキーは生身のアクションならリーはワイヤーを使っているのですがとても華麗なアクションなのです。
この作品も見どころ満載です。設定は中国の清末期の激動の時代に実在したウォン・フェイホン演じるリーが、外国人を無意味に殺そうとする集団を成敗したり、銃に武術で立ち向かえるのか!だったり。とにかく混沌とした時代です。その時代にウォンは医者であり武術家であり、正義の人でした。リーが本物のウォンに見えてきます。
見張るべきポイントはジャッキーチェンの弟弟子ともいえるユン・ピョウが競演していることです。話は変わりますが、すでに撮影に入っているのかもしれませんがジャッキーチェンの最新作でな、な、な、なんとジャッキーとジェット・リーが競演するのです!夢の競演です。ずっと実現してこなかった本当に夢のような競演なのです。
話は戻りまして、ラストはアクション!ウォン強い!アクションと言う感じで見ていて燃えてきます!
[PR]
# by tjimahensyutyo | 2007-10-10 23:17 | ・T島の映画
★★★☆☆
監督 ジョン・シングルトン
出演 ポール・ウォーカー 、タイリース
b0062013_0541110.jpgなかなかのカーアクションです。特に難しいことを考えずに楽しめるのでこの手の作品はけっこう好きです。というよりもそう作ってほしいのです。今回は少しマフィア関係が難しいように感じました(って俺だけ?)。もっとシンプルに。難しいことは他の作品にまかせてさ。
主人公のポールがかっこいいです。隣の美女を見ながらスピードを出し、運転するのなんかやられた日にゃあ女性は惚れますね。
あと突っ込みどころとしては、マフィアも警官もなぜか人数が少ない。警官は極秘で小数で潜入捜査だから2人くらい(主人公を補佐する人たちね)でもしょうがないとして、マフィアがボスと女(囮捜査官)と手下2人(最後のほうに何人か出てきますけど)という状態はなんか寂しかったです。大勢でワイワイやろーや。
[PR]
# by tjimahensyutyo | 2007-10-10 01:01 | ・T島の映画
★★★☆☆
監督 ルイ・レテリエ
出演 ジェイソン・ステイサム
b0062013_1743991.jpgジェイスン・ステイサムの超過激アクションエンターテイメントです。運転手という役なのですが、肉体を使ったアクションてんこ盛りです。ストーリーもしっかりしているし見ていてあきがきません。ただ気になったのがやっぱり銃ですね。敵が銃を持っているんですがなぜかいつの間にか拳対拳の闘いになっているんです。初めは敵が銃を持っているのに。
「玉切れだ!」
・・・もっと玉用意しときーや!と突っ込みを入れてしまいました。ただこの肉体アクションはやっぱり銃をどうやって防ぎながら闘うかというところが難しいと思います。それでもけっこう派手なアクションをジェイスンは繰り広げているのでお前は香港人か!と思わされます。
今月から公開の新作映画「ローグアサシン」であのジェット・リーと競演をしています。とても楽しみな作品なので僕は見に行ってきます。
[PR]
# by tjimahensyutyo | 2007-10-08 17:09 | ・T島の映画
★★★★☆
監督 水田伸生
出演 須賀健太 、篠原涼子 、西村雅彦 、北村一輝
b0062013_16481314.jpgおもしろかったです。原作の一色まことさんのマンガを読んでいたので映画もおもしろいだろうなとは思っていたんですが予想通りでした。主演の須賀健太君がいい味出してますね。原作どおりのワンパクぶりでした。母親役の篠原涼子いいですね。ちゃきちゃきのお母さんという感じが最高です。
ストーリーは須賀君が交通事故にあい幽体離脱を起こし、そこから幽霊が見えるようになってしまい、幽霊達との交流や昔のことを振り返りながら進んでいきます。ちょっぴり感動できます。
須賀君といえば「ALWAYS 三丁目の夕日」ですがこの作品もはまり役だと思います。
[PR]
# by tjimahensyutyo | 2007-10-08 16:52 | ・T島の映画

10月7日 神宮古田引退!

昨日プロ野球のヤクルトVS中日の試合を見に行ってきました。古田選手兼監督は今シーズ限りで引退(7日が最後の試合です)なのです。昨日の試合では
「代打!オレ!」
の場面が7回に登場し、しかも古田選手はヒットを打ちました。なおもそのままキャッチャーの守備に入り、チームをまとめていました。9回にもう一度打席がまわってきてそこでもヒットを打ちました。すごかったです。スタンドもかなり盛り上がっていました。一緒に行った女の子が大の古田ファンで(そういえば中学時代から「古田さ~ん」と黄色い声をあげていました)感動して泣いていました。試合はヤクルトが負けましたがいい試合でした。
もうこのボードに古田の名前が出る事はないんですね。b0062013_1642556.jpgb0062013_1625979.jpg
[PR]
# by tjimahensyutyo | 2007-10-07 16:03 | ・T島の日記

10月6日 俺の髪型

大好評「俺の○○」シリーズ。T島好きの皆さんにはたまりませんよね。今日は題名の通り、髪型を変えました。ばっさりと切ったのです。髪は命~・・・断っておきますが「僕はナルシストじゃありません!僕は死にましぇん!」ハァハァ
今年の2月くらいからずっと伸ばしていたんですが、なんとなくじゃまになってきたのとイメージチェンジをしたくなって切りました。僕がずっと行っている春日部にある美容院なんですが店長がマジでカットがうまい。かなりおすすめのお店です。おかげでなかなかいい男になりました。ではお待ちかねの僕の写真をお見せいたします。
ビフォアー                           アフター
b0062013_1243735.jpgb0062013_1245770.jpg
[PR]
# by tjimahensyutyo | 2007-10-06 12:06 | ・T島の日記
b0062013_19484957.jpgやっぱ坂本龍馬でしょ。彼の行動や成し遂げてきたことなどを通して学ぶことはたくさんあります。学ぶというよりも彼のしてきたことは痛快です。人殺し集団として恐れられた新撰組にもひるむことなく、当時の最高権力者達とも平然と会ったりしている。何よりも脱藩をして命を狙われているのにおびえている様子がなく、行動力がすごい。でやっぱりユーモアがある。姉の乙女宛に出している手紙などはサービス精神旺盛な内容です。彼は男からも女からももてました。
この本はな、な、なんと!4年前に僕が自転車で日本一週旅行をしていたときに買って読んだ本なんです。当時僕はファミレスで夜寝たりしていたのでけっこう夜がひまだったんです。なので本屋に行ってこの本を買ったのを覚えています。旅の後半はファミレスで寝るのも店員に気を使うので公園や空き地、パチンコ屋の駐車場(ここけっこう寝れます)などで寝袋で寝ていました。懐かしい本です。
この本では龍馬の行動を追いかけて分析してみたり、彼の考え方を紹介してみたり。よくある龍馬書の一冊です。一番印象に残っているのは4年前に読んだときから覚えているんですが、龍馬と一緒にいた中岡慎太郎の暗殺シーンです。なぜかそのシーンをとてもリアルに想像できてしまうのです。筆者の文章がうまいのか。冷や汗すら出ます。そして最後の最後まで龍馬はすごい。いきなり襲ってきた暗殺者に頭に剣で1撃を受けてしまい、それで即死してもおかしくないほどの傷を負ったのに、後ろを振り返り剣を取ろうとするんですが、そこで2撃目の背骨が折れるほどの攻撃を受け、なのに剣を取り3撃目を剣の鞘で受け止めるんですがそのまま1撃目に受けた頭の傷とほぼ同じ所に受け倒れてしまいます。中岡も十数ヵ所も傷を負い倒れています。龍馬は敵が去るとむくりと起き上がり
「石川、手は動くか?」
と心配し(中岡の傷を心配するとともに中岡を石川という偽名で呼ぶという心配りすらしています)
1階に人がいたかわかりませんが這っていき
「誰か医者を呼べ」
と言い、そして
「俺は脳をやられた。残念じゃ。残念じゃ」
と言って倒れてしまいます。
すごい。僕はこのシーンにとても心打たれ、よく覚えています。
[PR]
# by tjimahensyutyo | 2007-10-04 20:07 | ・T島の本
バストマイキャンペーン!!(特に意味はありません)
9月に立てた目標を達成しました。その目標とは、体重を58.9kgまで落とすというものでした。元々の体重は62・5kgだったので実質3.6kgの減量です。無理することなく、昼飯を普通にし(今まで嫌ってくらい大盛りで食べていたので)、夜飯をご飯おかわりせず、ウォーキング、筋トレ、ストレッチをしました。そして9月30日に計った体重が↓
b0062013_2031687.jpg
インチキなしのギリギリセーフです。目標を達成するのは気持ちがいいですね。実は60kgから体重がぜんぜん減らなかったので前日はお昼にかけそばを食べただけという荒療治だったんですけどね。まあ達成は達成です。えっ?今の体重ですか?60kgあります。意味ねーじゃん!まあ60kgくらいがちょうどいいようです。
[PR]
# by tjimahensyutyo | 2007-10-02 20:06 | ・T島の日記
30日に埼玉スタジアムでレッズVS新潟の試合を観てきました。僕はサッカーよりも野球のほうが好きですが、サッカーも久しぶりに観たら燃えました!おもしろかったです。スタジアムはレッズファンだらけで、赤一色。その中で一緒にレッズを応援するのはとてもエキサイティング!な出来事でした。試合は互いに一歩も引かず0-0のまま後半も残り10分というところで・・・ミッドフィルダーのポンテという選手がゴール前のごちゃごちゃしたところでシュートを決め点を入れました。興奮した僕はポンテをポンズと言っていました。
とは別に、何であの埼玉スタジアムってあんなに不便なところにあるの?駅から超遠いし。北浦和駅や越谷駅からバスって。まあそれはいいとして、車で来るのを想定しているだろうに・・・なんと一般客用の駐車場がない!あるのは関係者しかは入れない駐車場。意味不明。どこ止めろっちゅうねん?なのでスタジアム周辺は渋滞中。車で来た僕がアホなのか。結局近隣住民が思い思いに勝手に駐車場屋さんをやっています。道は細いし、Pの看板もない。僕は民家の玄関の前に止めさせてもらいました。¥1500円也。もっとみんなで頭使って駐車場整備しようよ。そうりゃスタジアムに来た人も気持ち良く試合を観戦できんじゃん。それにお金儲けだって・・・
という感想を持ちました。
b0062013_039988.jpg
[PR]
# by tjimahensyutyo | 2007-10-02 00:41 | ・T島の日記
b0062013_0353824.jpg僕がとっているメルマガで弘中さんの「発想源」というのがあります。マーケティングの知識や世の中の何で?という見方がおもしろいです。そのメルマガで本の紹介や今回のような弘中さん自身がおもしろいと感じた人を招いてセミナーを開催したりしてしてます。今回は演劇集団キャラメルボックスの社長&プロデューサーをしている加藤昌史さんという方でした。で・・・やっぱり演劇の方だけあって話し方もうまいし、発声もいいし、表情もいい!話を聞いていて眠くなるなんてことはありませんでした。これはすごいことです!
セミナーの内容は加藤さんの普段の視点だとかキャラメルボックスについてだとかどんなことを考えているのかとか事前に書いたアンケートの質問に答えたりだとかでした。印象的だったのが加藤さんは常に「俺だったらこうする」とか「何かおもしろいこないかな」などと考えていることでした。ファミリーレストランで料理が遅い。あの店員の動きが悪いのが原因だとかこれを直せばいいだとかそんなことを考えていたりするらしいです。特に何も考えていなければ「料理遅いなぁ」で終わってしまいますよね。
あとは俺はこういうことがしたいんだ!という軸がしっかりしています。お客さんを楽しませたいとか。俺だったらこんなことをされたい!ということをお客さんにしてあげるということにつながっているらしいです。やっぱり軸なんだよねぇ。仕事も自分自身も。
加藤さんからパワーをもらえました。俺も何かおもしろいことやるぞ~
[PR]
# by tjimahensyutyo | 2007-09-29 23:59 | ・T島の日記
いや~Wiiが発売され任天堂の「ゲーム離れしてしまった人にもゲームをもう一度やってもらおう」という方針に共感し、買おう買おうと思い続けかなり時間がたっていましたがようやく先週買ってしまいました。くっくっく。買ったはいいけどまだぜんぜんやってません。くっくっく。
購入したソフトは「はじめてのWii」と「Wiiスポーツ」です。実際プレイしてみますと・・・おもしろい!(でもまだあまりプレイしていません。だって時間がないんだもの!ブログ書いてないでプレイしろって話ですね。)リモコンでゲームするっていう発想がすごい。ゲームをプレイしていても新鮮です。これからソフトをたくさん買っていきたいと思います。Wiiやりたい人は僕の家に遊びに来てください。もしくは僕がWii持って遊びに行きます。みんなでWiiやろうよ!
あと自分のキャラクター作れるんですが、僕と兄貴と弟のキャラクターを作ったら、兄貴のキャラクターが超似ているように作れました。兄貴の顔は特長的だからです。メガネかけて・・・って感じなので。ネットに接続できたらWiiを持っている人とつながりたいですね。
あと今日帰りに久しぶりに以前バイトをしているお店によりました。そこで働いていたY中君が就職決まったそうです。おめでとうございます。自分を限定せず可能性を持ってがんばってもらいたいと思います。彼いわく
「T島さん落ち着きましたね!」
・・・これでよかったんです。僕も大人になりました。
写真は僕とWiiでございます。ん?何でお前が写ってるんだって?くっくっく。
b0062013_244515.jpg
[PR]
# by tjimahensyutyo | 2007-09-29 02:06 | ・T島の日記
★★★★☆
監督 プラッチャヤー・ピンゲーオ
出演 トニー・ジャー
b0062013_23255325.jpgやっぱしおいらはこういう映画ですな。ストーリーなど何でもござれ。大事なのはアクションです。ワイヤーなしスタントなし動きを早く見せるための早送りなし。CG全盛の時代で基本的なことしかキャッチコピーにしていないのですが、すげぇと思うのはなぜでしょうか。それほど自分の肉体のみを使って演技する俳優が少なくなったのでしょう。ジャッキーを見習いなさい!!ハァハァ。
とは言うもののトニー・ジャー素晴らしいです。タイのムエタイの選手だけあって動きがかっちょええです。そして本当に強いのだと思います。回し蹴りやら膝蹴り(やたらと多い)やら肘鉄やら僕だったら一発でノックアウトされていると思います。
ストーリーはいたってシンプル。村から盗まれた仏像の頭を取り返すために田舎から出てきたトニーが悪の組織と闘い最後は勝つ!
今後の作品にも期待です。
ちなみに僕はトニーのモノマネが出来ます。相棒?のハム・レイというおっさんをトニーが呼ぶときの口調をマネすることが出来るのです。かなりそっくりです。自分一人のときにやって、自分一人で笑っています。一人で笑うのはもったいないので皆さんにも笑いをわけてあげたいです。見たい人は会ったときに言ってください。
[PR]
# by tjimahensyutyo | 2007-09-27 23:32 | ・T島の映画
★★★★☆
監督 クリス・ワイツ 、ポール・ワイツ
出演 ヒュー・グラント 、レイチェル・ワイズ 、ニコラス・ホルト
b0062013_21444329.jpgおもしろいですね。こういう作られた感がない自然な映画って好きです(そうでもないかな?)。
自分勝手な男役のヒューグラント(独身、自分のことにしか興味がない)もまたいいですね。将来の僕を想像してしまいました。彼は働かなくても親父の印税で一人だったら食べて行くことは出来るし自由気ままな人生をそれなりに楽しんでいる。人に頼られることも頼ることもなく。そしてナンパがうまい(ここは僕とかなり違いますね)。しかし12歳の少年ニコラスに出会い少しずつ変わっていきます。なんていうか人を大切に思う心を持ち出したというんでしょうか。その結果ニコラスの母親までも大切に思うようになり・・・クリスマスは毎年一人で気ままに過ごしていたのに今年はいろいろな人が集まっている。なんかいい映画です。ニコラス少年の演技もいいですね。
[PR]
# by tjimahensyutyo | 2007-09-26 21:59 | ・T島の映画
一つ断っておきます。僕はセミナーオタクではありません。あしからず。
22日にコーチングのプロである平本相武さんのセミナーに行ってまいりました。「心のスイッチ」出版セミナーって奴かな?このセミナー非常に良かったです。たくさんの友人に声をかけて一緒に行けばよかったと思いました。次回11月3日に平本さんの「成功するのに目標はいらない出版セミナーがあります。興味のある方一緒に行きましょう。しつこいですが僕はセミナーオタクではありません。あしからず。
このセミナーに関しては書きたいことがありすぎて何を書いていいのかわかりません。心に響くことばかりでした。まずは・・・幸せになるためには幸せになるための条件があるということです。例えば、平本さんは高校時代ヤンキーだったそうですが、ヤンキーにはヤンキーの姿勢、表情、呼吸があるそうです。ヤンキーをイメージすればわかりますよね。姿勢は猫背で表情恐くて声は低い。不幸な人には不幸な人の条件があります。うつむいていたり、俺はだめだと言ってみたり、ため息ばかりついてみたり。自分から不幸になろうとしています。どうすれば幸せになれるか?同じように幸せになるためのことをすればいいのです。表情は笑顔、姿勢は胸を張って背筋を伸ばす。そんなに難しいことではありませんが、自分を振り返ってみると出来ていないことが多い。簡単に考えると明るい人と暗い人のどっちに人が集まるかってことなのかなと思います。幸せになるための行動はすぐにできるのでやっていきたいと思います。
あとは意識をどこに置くか。低い次元に置けばいつまでたってもそこにいることになる。意識を高く持つことで細かいことに寛容になれる。坂本龍馬はどこに意識を持っていたか?自分だけ得をしようと思っていたか?身近な仲間内だけ幸せになればいいと思っていたか?自分の国である土佐藩か?龍馬は違いました。日本国に憂いていたのです。志が高かった。
あともう一つ。前提観念をぶっ壊せということです。例えば○○がしたい。でもお金がない。時間もない。だから出来ない。こういう思考ではいけません。どうやったらお金も時間もかけずに楽しく出来るだろう?と考えることが大切だと平本さんはおっしゃっています。この思考は取り入れます。
全ては自分の心次第です。問いかけが変われば自分の心が変わります。自分の心が変われば行動が変わります。行動が変われば結果が変わります。
とても勉強になったセミナーでした。
[PR]
# by tjimahensyutyo | 2007-09-24 15:07 | ・T島の日記
b0062013_14382048.jpgちょっと本を読むペースが遅いですがまあ良いでしょう。週1冊で十分か!!はぁはぁ。
この本良い本です。営業をしている人に超おすすめです。僕の仕事は営業ですが営業にあらずという感じなのですがまあいいでしょう。
僕の1番尊敬する人物は誰か。皆さんはご存知ですよね。坂本龍馬です。何かで必要なときに僕は偽名で坂本と名乗ります(どんなときやねん!?)。しかしそこまで毎日龍馬のことを考えているかというと・・・そうでもないことに気づきました。ゲームやりてぇなぁとかあの女の子かわいいなぁとか仕事がきついなぁとか。日常で考えている事はたわいもないことです。考えていることがたわいもないことだから日常もたわいない・・・まあこれは置いといて。
桑原さんは営業の超スペシャリストです。ある分野で世界一位になっているほどすごい方です。その方が龍馬を尊敬し、「龍馬だったらどうするか?」ということを考え行動しているのです。ここ大事ですね。意識をどこに置くか。竜馬をライバルにした時点で自分が魅力的な人間にならないわけにはいきません。龍馬ほどの魅力的な人間はそうそういません。
龍馬だったらどうするだろう?この考え方を教えてもらいました。あとは営業のスキルが書いてあったりします。ただ話がうまいだけの営業マンではありません。もちユーモアもお持ちの方です。
[PR]
# by tjimahensyutyo | 2007-09-24 14:48 | ・T島の本
19日マーケティングのプロ、平秀信さんのセミナーに参加してきました。最近けっこうセミナーに参加しています。しかし気をつけなければいけないのはセミナー勉強バカになってはいけないということです。セミナーにたくさん参加して、「それ他のセミナーで聞いたから知ってる」。こうなっては終わりです。ただの知識バカ。さいわい僕がいいなぁと思う人は実行することが重要だと言う人達です。後は僕がセミナーで良いと思ったことを実行するだけ・・・
知ってる→出来る→やっている。やっているまでいきたいですね。
平秀信さんは非道徳なマーケティングでお金を稼いできたと自分で言うほど正直な人です。確かに人の感情に訴え商品を売るということに特化してきていると思います。でも買った人って後悔していないと思います。平さんはクレームは100%会社が悪いと言い切り、全力で対処してきていると思います(多分ね)。
セミナーでは成功するための方法、つまり普通の年収500万円のサラリーマンだった平さんが年収5億円になったのだから皆さんもできるということを言っています。100億稼ぐ人には100億稼ぐ思考があり、5億稼ぐ人には5億稼ぐ思考があり、500万稼ぐ人には500万稼ぐ人の思考があるということです。これはおもしろいですね。どこに意識を置くかということです。目標をどこに置くか。成功する人の言うことは似ています。真理は一つなのかもしれません。僕は少しずつ見えてきました。
[PR]
# by tjimahensyutyo | 2007-09-23 15:06 | ・T島の日記

9月23日 ゲームショー

b0062013_1457781.jpg21日仕事の関係で千葉の幕張メッセで行われているゲームショーに行ってきました。このゲームショーは世界最大のゲームの祭典というほど大きなもので、簡単に説明すると家庭用ゲーム(Wii、PS3など)やモバイルゲーム、パチンコパチスロなどの新作ゲームが出展されるイベントです。世界最大というだけあって外人さんもいっぱいいました。そして・・・コスプレイヤーがたくさんいました!やったー!!しかもかわいい人が多い!写真もいっぱい撮りました(もちろん仕事です)
ゲーム好きの僕は会場ではエキサイティングしっぱなしでした。だって新作ゲームだらけなんですから!特にWiiですね。買おうか迷っている僕にとってすごくプラスになりました。実際にプレイするとおもしろいと感じました。多分買うでしょう。遊びたい人は僕の家に遊びに来なさい。年内には買います。あとカプコンから発売予定のゴルフのゲームをプレイさせてもらったんですがこのゲームは本物さながらのおもしろさでした。家族を持っている人はWiiを買いなさい。家族で楽しめるゲームばかりです。
[PR]
# by tjimahensyutyo | 2007-09-23 15:05 | ・T島の日記